*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版 「空の境界 」 /第七章 殺人考察(後) <10/19 画像変更・追加あり>
劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【完全生産限定版】 [DVD]劇場版「空の境界」殺人考察(後) 【完全生産限定版】 [DVD]
(2009/12/09)
坂本真綾鈴村健一

商品詳細を見る


↓ こちらは小説

空の境界〈上〉 (講談社文庫)空の境界〈上〉 (講談社文庫)
(2007/11)
奈須 きのこ

商品詳細を見る

空の境界〈中〉 (講談社文庫)空の境界〈中〉 (講談社文庫)
(2007/12)
奈須 きのこ

商品詳細を見る

空の境界〈下〉 (講談社文庫)空の境界〈下〉 (講談社文庫)
(2008/01/16)
奈須 きのこ

商品詳細を見る

感想って、やっぱり読んですぐとか、見てすぐとか、聞いてすぐとか、
そんなんじゃないと、感動すら忘れてしまいます・・・
え?それは歳のせいですって?
・・・そうかもしれませんね~。

とりあえず、『空の境界 』最終章「殺人考察(後)」おもしろかったです。
お客としてはかなり少ない部類である女性の私の一番印象に残ったところは、
両儀式の部屋で、式と黒桐くんが同じベッドで寝てるところ。
すやすや眠る、メガネをはずした黒桐くんの顔が、とっても素敵でした!!
そう言ったら、同伴者に「いや、ポイントはそこじゃないでしょー」
「眠る黒桐くんを見て顔をしかめる式を楽しむところでしょうが」と
呆れられました。

相変わらず、とんでもなく美しい映像と音楽
でもその画面には、残忍な場面の数々が。
グロエロあり。何も知らずに見るとちょっと驚きかも。
もちろん、シリーズ通しての話ですけど。

最終章で、殺人願望のあると思い込んでいる式の本当の気持ちも、
見えてきました。
そして、式を信じて、信じて、信じる黒桐。
その信じる力はどこから生まれてくるのか?
特別になりたくないことの特別。
平凡でい続けることの非凡。
黒桐幹也の底力は 計り知れない。

「先輩を殺したら、僕は君を許さないからな」

そう言った、黒桐幹也。
いったんはその言葉に縛られた式だけど・・・・
最後の最後まで「許さない」とつぶやきながら式の元へ行く幹也。
でも本当は許してる。
式がもう誰も殺せないから、その死を幹也が背負って行く。
そんなこと、最初からわかっていたのだ。

式と黒桐くんの間にあるのは一体何なんでしょう。
愛情であることは間違いないけれど、それは少し形の変わった愛かもしれません。
途中から、私には彼らがロミオとジュリエットに見えてしょうがありませんでした。
そして式を追いまわしていた白純里緒もまた、
黒桐くんを愛していたのかもしれません。

それにしても、ずっと難解で独特な雰囲気を保ってきた『空の境界 』ですが、
最後のあのツンデレ・バカップルは・・・・
こんな終わり方でいいのでしょうかねえ?
病院から出てきた黒桐くんは、なんというか一皮むけたというか、
式に対してさらに自信をつけた?というか、
雰囲気がちょっと変わっていました。
そりゃあそうですよね、
だって今までどんな時も、どうしても泣けなかった黒桐くんが、
式のために泣いたのだもの。
誰かの特別になったのだから。
結局は、黒桐くんの愛の強さがすべてだったということでしょうか。
式が黒桐くんの色々な姿を回想するシーンは、涙が出ました。
黒桐くんという青年がどんなに素敵な青年であるかを
改めて思い出させてくれるんだもん。
・・・・あんな男性がいたらいいなぁ・・・・・

それから、声優陣の好演も忘れてはいけません。
坂本真綾さんしかり、鈴村健一さんしかり、本田貴子さんしかり。
そして白純里緒役の保志総一朗くん。
彼の演技も本当に素晴らしかった。
イケメンな高校生の時の声、狂った時の異様なつぶやき・喚き散らす声、
どれもが自然で違和感なく、彼の演技力の深さを見た気がします。
里緒役は、絶対彼じゃなければならなかったとさえ思えます。
狂っていく白純里緒の姿を見て、私は泣きそうになりました。
彼もまた、大好きな声優さんの一人です。

色々カットされている部分もあり、「あれはどうなった?」と疑問の残るところも多々ありますが、
全体的に素晴らしい出来のシリーズだったと思います。
うーん、DVD欲しいかも、買おうかなぁ・・・・。



スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

劇場版 「空の境界」 第六章 忘却録音
『火気厳禁。燃やさずに 萌えましょう。』

劇場版「空の境界」は、いつも上映前に、映画鑑賞のマナーのCMがあります。
これが、登場人物たちのクレイアニメで上映されるのですが、
毎回趣向を凝らしていておもしろいです。
今回は兄(黒桐くん)のことが好きで好きでたまらない
実の妹である鮮香(あざか)が、
兄にガムを手渡す両儀式に対抗し、
映画館の中で手から火を出してポップコーンを作ろうとしたところを、
式が小剣で阻止するというもの。
最後に、冒頭の言葉が現れました。
オロオロする黒桐くんは、いつものことです。

本編について。

意外でした。
男性向けであまり楽しめないかも、と思っていたのに、
今までで一番と言ってもいいくらい、おもしろかったかも。
舞台は鮮香の通う学校。
ミッション系の全寮制。
これがですね、礼拝堂とか出てきたとき、
思わず声を出してしまいましたよ。
一緒に見に行った娘と顔を見合わせて
「そっくり・・・」
( 娘とこんな映画見に行ってるんかいっ!というツッコミはおいといてネ)
娘の通う学校によーく似てるのですよ、これが。
礼拝堂の舞台の上がアーチ型になってるとことか、
横にオルガンがあるとことか、
並んでる長椅子とか、サイドの窓やカーテンの感じとか。
外の階段とか、講堂か校舎かの踊り場とか、
そこかしこが。
EDロールには、協力:神戸女学院、と書いてありましたが、
そっち系の学校というのは、みんな似ているのでしょうかねー。

内容は、今回は、黒桐幹也の妹、鮮花がメイン。
しょっぱなから、
「私はお兄ちゃんを異性として愛してます。ウフッ!」から始まりまして・・・
鮮花の通う学校で、式の助けを借りて妖精退治というお話。(簡潔すぎ!)
鮮花は以前から登場していますが、
あんまり好きではなくて、いえ、「ウザイ!」と思ってたキャラなんですが、
第六章を見終わったあとは、
結構好きになりました。
だって、かっこよかったんだもん、黄路美沙夜先輩との戦いとか。
黒桐くん@すずは、ほとんど出ないと思っていたのに、
まあまあ出てきたのでよかった。
玄霧先生役のおっきーが、今ひとつだったのが残念。
最初の一声とかは「イイ!」とか思ったんだけど・・・・
下手とか、そういう意味じゃなく
(誤解のないように、もちろん彼はすごい声優さんだと思ってます!!)
全体の雰囲気に合わなかったような・・・・?
他の声優さんとのバランスというか・・・・
ごめんなさい、よくわからないんですけど、
素人のくせにスミマセン<(_ _)>

まあ、1時間という短時間の映画で
原作の内容をすべて表現するのは難しいのでしょうが、
妖精の描写とか、結構いい感じで描かれていたのではないかなーと
思いました。
そして、やっぱり黒桐幹也くんですよ!
彼はすごい人です。
すごーく普通の人です。
穏やかで優しくて、ものすごく普通・・・・・
この『普通』 というのが、大変なんですよね。

最後の少年時代の回想シーン、
幹也と、妹の鮮花。
(この少年・幹也がまたメチャかわいい!)
二人の大切に思っている人が亡くなったとき、
幹也は決して泣かなかった。
心静かに時が過ぎるのを待つ。
幼い鮮花が、「どうして泣かないの?」と何度も尋ねると、
「うん、泣きたくても泣けないんだ」と答える幹也。
「それは、特別なことだからね」と。

泣くという行為は特別で、それだけで周囲に大きな影響を及ぼす。
だから泣けない・・・・・
どこまでも普通で、誰よりも人を傷つけないとういう起源を持つ幹也は、
どんなに悲しくても、何かの為に涙することさえできない。
泣いてしまえば、誰かの特別になってしまうから。
『 それは誰とでも分かり合えるかわりに得た、誰にも気付いてもらえない空っぽの孤独。』
(原作、抜粋)

こういう彼が、私は大好きです。
鮮花も、そうだったんでしょうね。

さて、
映像は、あいかわらず、考えられないくらい美しい!
いや、より拍車がかかってるような気がする・・・・・
何故、男性向けアニメはこんなに映像に力いれてるの?
女性向けアニメも、なんとかしようよ!
男性向けよりも劣ってるというより、
完全に手抜き?いい加減?
内容重視で、そこは注目してないだろってか?
男女差別じゃないのー?
とにかく、この美しさをみんなに知らしめたい!
知ってほしい。
今見てるアニメはもっと美しくなるんだということを。
TVアニメだって、現在放映中のものなら
CLANNAD AFTER STORYとか見てみて下さい。
あれも、相当なものです。
何話目だったか覚えてないけど、
扇風機の描写なんて、思わずうなりましたからね。
しかも、ただの背景だったのに!

次回は最終章、殺人考察(後)。
今まで一で番グロい映像になりそうです。
だって、白純里緒くん、バリバリむしゃむしゃ・・・・
血まみれになって人を・・・・(ry
でもこの里緒くん、CVが保志総一朗くんなのですが、
なんであんなにカッコイイ声出せるのっ!!!!!
マクロスFのブレラなんて比じゃないもんねー。
ネオロマで出してる、あの超甘ったるい声は何なの!?と、
叫びたくなるくらいですよ~。
そして大好きな黒桐くんが・・・・・

とにかく楽しみです。
こちらの地区(名古屋)で見られるのは、いつになることやら・・・

なんかDVD買いそうです・・・・・第一章を見損ねたし!
今は、「空の境界」をみんなに布教したい気分です。
見てね~~~!(読んでね~~~) (笑)




拍手ありがとうございました ♪

テーマ : 空の境界
ジャンル : アニメ・コミック

劇場版 空の境界/第五章「矛盾螺旋」
見てきました。
おもしろかった!

映像も、音楽も、こんなにいい映画なんだから、
もっと宣伝してたくさんの人に見てもらえばいいのに・・・
と言ったら、
「無理無理。
ひぐらし(ひぐらしのなく頃に)とかの例もあるでしょ。」
言われてしまった。
まあ、確かにかなりグロい映像とかもあるけれど・・・・
それがあるから何?って言いたいんですけどね、
内緒だけど!

原作小説を読んでいない私が言っても、
説得力ないでしょうけど、
抽象的な部分も、かなり頑張って
表現していたのではないでしょうか。
小川マンションに取り込まれた式が
昏睡から目覚めていく様子だとか、
マンションと一体化した荒耶宗蓮とか。
戦闘シーンもかなり迫力ありましたし。
最後の、
マンションごと式をつぶそうとして、
高層から落ちていく荒耶を、
追いかける式が同様に落ちていくところなんか、
結構緊張感ありました。

それから、臙条巴くん。
男子からすると、どうでもいいキャラみたいだけど、
私としてはかわいかったですよ。
彼は人形だったんですね。
両儀式は、最初から知っていたのかな、
彼が生身の人間ではないことを。
そんな気がしてなりません。

一流声優が揃う中、
巴役の柿原徹也くんが、一人普通のアニメっぽさを
かもし出していました。
いえ、決して悪い意味で言ってるのではありません。
演技、すごく上手かったですよ。
今回よくしゃべっていた橙子さん役の
本田貴子さんが、外画吹替えっぽい上手さで
雰囲気を出しているので、
それと対照的に、巴の幼さとか、一途さが
出てたのでは?

もちろん、大好きな黒桐くん・大好きなすず(鈴村健一)も
いっぱいしゃべっていましたよ!(ウフフ)
彼(黒桐くん)はどんどん魅力的になっていきますね!
それから、荒耶役の中田譲治さんはいわずもがな、
ピッタリはまり役。
コルネリウス・アルバ役のゆっさ(遊佐浩二さん)は・・・・・・
スルーで。
・・・・・・・・・・・・・・・・
だって、もう、「こうしゃべるだろうな」って思ったとおりに
思ったとおりの声でしゃべってて、
ピッタリというか、そのままというか、笑えるというか・・・・
いや、いい味出してましたって。

今回のツボは、
「ロケットペンシル」
橙子さんが黒桐くんに、「知らないのか?」とか
聞いていたとき、
私は、橙子さん達の世界で使う何か特別なもの、
魔術に関する道具とか、
そういった類の名称のことかと思いましたよ、一瞬。
でも違うんですね。
素直に「あの」ロケットペンシルなんですね・・・・
というか、黒桐くんなんで知らないんだよっ!!

最後に式が、黒桐くんの部屋のカギを要求しながら
顔を赤らめるのを見て、
思わず 吹いてしまいましたよ。
あれ、こんなのもアリなんだ、この映画、
って感じでしたけどねー。
「空の境界」というのは
「男子向け」映画だと聞かされ続けていても、
どこが?と、ピンとこなかった私だったけど、
ちょっとだけわかった気がしましたっ、と。


テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

劇場版 空の境界/第四章 伽藍の洞
上映最終日、なんとか見ることができました。
相変わらず、絵がキレイです。
丁寧で、細かいところまですごくこだわっていて、
CGじゃないところもかなりリアルな感じを保ってます。
音響もシビアだし、音楽もいいですね。
大好きな黒桐くんが、高校生じゃなく
ちょっと大人になった時の話だったので、かっこよくてヨカッタ。
この映画を見る第一の目的は、黒桐幹也&鈴村健一なんだもん。
前々回、雨の中 学校の出入り口で、式と並んで立ちながら
黒桐くんがアカペラで歌ってたけど、今回もありました。
あれは歌の上手なすず(鈴村健一)だから耐えられたけど、
他の声優さんだったら、ドキドキものかも!

原作は手元にあって読むばかりになってるのに、
まだ手付かずで、内容が原作と比べてどうだ、
という話はできなくてスミマセン…。
ただ、比較的わかりやすくできてたんじゃないのかな?
娘と一緒に見に行っても、危ないシーンもなかったし
(それにしても、あたりまえですがお客さんの層が独特ですねー。
やっぱりリュックしょったオタク風青年が多いです・・・
その中でも私は最も異質だったでしょうねえ(汗))

エンドロールのキャストで「保志総一朗」「中田譲治」の名前。
あれ、出てたっけ?全然気が付かなかったぞ?
と思ってたら、エンドロール後の次章予告に出てでしゃべってました。
次章 矛盾螺旋は今までみたいに1時間程度の短いものでなく
普通の映画なみに長くなるんだそう。
ていうか、今日からもう公開してるんだった!
来週は電王を「見に行かなきゃ」いけないし、
空の境界っていつもあんまり長くやらないから、
早めに行かなきゃいけないんだけど、どうしよー。
「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。