*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伯爵と妖精 第12回(最終回) 「伯爵と妖精」
エドガー・・・・・
何よ、カッコイイじゃん。
さんざんバカにしてやったのに、
最後の最後で、何でそんなにカッコよくなっちゃうわけ?

危険を避けるため、リディアとポールを部屋に閉じ込めて、
自分一人だけでユリシスのところへ向かうエドガー。
「当主の僕が伯爵家の一員である彼女を犠牲にして逃げるつもりはない」と
バンシーを助けたエドガー。
そして、先週からの予想通り、
無事帰ったらKissをする約束と迫りながらも、
「君が心から望んでくれるまで待つことにするよ」と
自ら「オアズケ宣言」したエドガー。

ちょっとー、最終回が惜しくなっちゃったじゃないの。
まあ、いつものように
耳が腐りそうな自分勝手な解釈のくどき文句はあったけどさ。

最終回もイイ男だったケルピー。
強くて、男らしくて、
彼もリディアが笑顔でいてくれることだけを望んでる。

エドガーがケガしてることを知った瞬間にキレたレイヴン。
むちゃくちゃ強くてかっこよかった。
そして、最後には、
いつまでもしつこく寝言で呟いた女性の名前にこだわってるエドガーに、
またしても「アルファベット順でよろしければ・・・」と
ナイスつっこみ!

バンシーの傷がもう治らないと知った時のポールの
「そんな・・・」の声がめっちゃ『萌え』た。
エンディング前の馬車の中、
エドガーとリディアの愛(?)の会話が
くり広げられているというのに、
全くの空気だったポール。
いたよね?一緒に馬車乗ってたよね?
ひろCの声があんまり聞けなくて残念だった・・・・・

あー、それにしても、ほんと
ひどい作画でした・・・・・
今日なんて、エドガーがしゃべると
口が横に移動する、なんてオカルトみたいなのもあったからね!
作画のせいで「伯爵と妖精」の魅力が、半減、もっとかな?
削がれてしまって、なんとも残念なアニメでした。

-終-

スポンサーサイト

テーマ : 伯爵と妖精
ジャンル : アニメ・コミック

伯爵と妖精 第11話 「ふたりの青騎士伯爵」
ケルピ~ッ!!
あぁぁぁぁぁぁぁぁ、カッコイイッ☆☆☆
なんちゅうカッコイイのよ、あなた。
ほんとにドキドキしちゃったじゃないの!
妖精界というか、ユリシスの作った世界で再び会ったエドガーとリディアが
絶対絶命の危機って時に、抜群のタイミングで現れた!
片手の掌で妖犬の鼻っ柱をグッと押さえこんで
圧倒的な強さ見せちゃってもう~。
おまけにさあ、
「おい伯爵、妖犬どもはオレが始末してやる。だからリディアはお前が守れ!」
って、何よー。最高の男じゃん!
ちょっと、このアニメ(小説)の拾い物(失礼な・・・)だよね、彼。
純粋に惹かれるわ~。

そのセリフに対するエドガーの答えが
「僕がリディアの盾になる」ってものよかったんだけど、
ケルピーの前にかすんでしまいましたねー。

そのエドガーくんは、とんでもなくヤバイ状況
(死の予言は解除できない、元の世界に戻れない、ケガをしてる)
にもかかわらず、
相変わらず、甘ったるい「おバカ」なセリフを吐きまくっていらっしゃいましたが、
でもまあ、リディアを巻き込みたくない、
守りたいという気持ちは分かったからね。
リディアにも伝わったと思うよ。
元の世界に帰ったらキスしていいって言ってたからね、忘れちゃダメだよ!

今回のその他のツボセリフ。
その1
ポールがやっと見つけたバンシーに言った
「安心して。僕はここにいるよ」

これ、マジ保存したい!
携帯のボイスに入れたい!
ヒロC最高! いい声~~~。
言って、私にも言って、お願いします(切望)。

その2
ニコに先導されながらリディアたちのところへ向かうレイヴン。
ニコのシッポにつかまりながら歩いてるんだけど、
レイヴンのセリフ。
「ニコさんのシッポはふかふかですね」

無表情で何言ってんの。
それもさ、ギュッってつかみなおしてから言ったからね。
ギュッて。
「オレのシッポ、離すなよ」ってニコに言われたからだけどさ。
ふかふかだから、何?その先は?
気持ちいいの?どうしたいの?
レイヴン、いいわ~。かわいいよ、レイヴン。
(はっ!レイヴンって杉田さんだった!か、かわいい!?)

あ、もうひとつ、
妖犬を倒したあとにつぶやいたケルピーの
「リディア」
の一言も、すんごくいい声だった。子安さん!
優しい、暖かい声だった・・・・

次回はとうとう最終回。
さて、どんな終局を迎えるのかな。
次シリーズへ続く?
続けるなら、絵、改善してよね。
くずれまくりで酷かったからね~。
EDだけだよ、よかったのは。



テーマ : 伯爵と妖精
ジャンル : アニメ・コミック

伯爵と妖精 第10話 「残された時間」
先回、最悪な醜態をさらしたエドガー。
翌朝目が覚めて、何も覚えていない彼は、
レイヴンにあれこれ聞くが、はっきりしない。
その中で、何故酔っ払っている自分のところに
リディアを連れてきたのか尋ねるエドガー。

エドガー「酔っ払って自制心の吹き飛んだオオカミのところに、彼女のような
      子羊を放り込んだらいけないんだ」
レイヴン「でも、エドガー様は酔ってないときも、そう変わりません

爆笑。
答えるまでに少し逡巡したよねレイヴン。
表情は変わらないけど、一応考えたんだ。
でもさ、そのあとにもエドガーを真正面から突き刺す会話あったよね。

エドガー「ところでレイヴン。僕が寝言で口にしそうな女性の名前って思いつくかい?」
レイヴン「はい」
エドガー「ぜひ聞かせてくれ」
レイヴン「アルファベット順でよろしいですか

この無口で無表情で真正直な男、最高だよ!

いつもは、比較的からかい半分に見てるアニメだけれど、
今回は、わりとじっくり見てしまった。
リディアの戸惑いや、エドガーのリディアに対する
真摯な思いが切なくてさ。
不器用だよね、彼も。
彼の本当の思いがなかなか伝わらない。
普段、女たらしのむちゃくちゃな男に思えるけど、
貴族としての矜持は高く、本当に男らしい男なんだよね。
かなり辛い過去があるみたいだけど、
なんとかリディアと結ばれて幸せになってほしいな、なんて。

マモ(宮野真守)、ユリシスだっけ。いい感じですね。
静かな部分と、激しい部分と両方あって。
刹那.F.セイエイくんより、こういう役のほうが
存在感があるというか、
刹那自身が存在感なさすぎなんだよね、アレ。

伯爵と妖精も、まだ小説は続いてるし、
アニメもまだまだ続くんだろうなー。
とりあえず、楽しみってことで。


テーマ : 伯爵と妖精
ジャンル : アニメ・コミック

伯爵と妖精 第9話 「バンシーの記憶」
今回の話を見ながら、「あんまり書くことないなー」
「それにしても作画酷いなー。崩れまくり。シロウトか?!」
なんて思ってぼんやり見ていたのですが、
後半、ものすごーくつっこむことになった。

落ち込むエドガーを心配して、わざわざ屋敷まで出向くリディア。
確かに落ち込んでいたエドガーはお酒を飲み、
リディアが部屋に着いた頃にはずいぶん酔っていた。
ただでさえ、耳がかゆくなるようなことばかり ほざいているエドガーが、
飲みすぎてさらに悪化。
しまいには、リディアを抱きかかえベッドへ!
押し倒し「僕を受け止めてほしい」云々。
リディアも覚悟を決めたのか、
目を閉じ、力をぬくと、
エドガーはアーミンの顔を思い浮かべ、
「アーミン」とリディアの耳元で囁いて
そのままリディアの上に撃沈zzzzz
(飲みすぎだっつーの!)

もう、最低っ!!!
なんてヤツだ。
毎回毎回、ほんとに笑わせてくれるよ、エドガーくん。
これでまた、リディアとの距離が遠くなったね~。


テーマ : 伯爵と妖精
ジャンル : アニメ・コミック

伯爵と妖精 第8話 「涙の秘密をおしえて」
最近、女装がはやってるのでしょうか?
ついこの前、ガンダムOOのティエリアが女装してましたよね。
すんごい目つきの鋭い女性でしたけど。
今回は、レイヴンです。
美しいというより、カワイイ、かな。
何をしても動じないレイヴン。
女装しても、顔色一つ変えずに黙って立ってたけど、
エドガーに命令されて
「かしこまりました、マイロード」と答える声が、
気持ち不服そうで笑えました。
しかし女装させられた理由が
「僕より先にリディアの下着姿を見た罪だ」って・・・・

パーティー会場で、エドガーにからかわれたケルピーが
文句を言いに行くところ、画面はズームアウトして、
声も小さくなったけど、
ケルピーの「貴様っ!食われたいか!!」の罵倒に
「君、男でもいいんだ」って、エドガー~~~!
このアニメ、腐女子を意識しすぎだよ~。

でも、エドガーって、ことリディアに関することだけは、
いいヤツなんだなー。
本当にリディアを守りたいって思ってる。
エドガーにしかはずせない指輪を
はずしてあげるところは、ちょっとウルッときました。
30秒だけ抱きしめさせて、というところは切なかったし。

あと、ポールの「ありがとう」にすごーく癒されました。
なんか自分が言われたみたいで・・・。
(↑ありえない。想像すること自体がありえない!)

さて、いつも書こう書こうと思って、
なかなかチャンスがなかったのですが、
EDについて。
あ~、何故にイイ男たちが、みんなハダカなの?!
美しすぎる。
ステキすぎる。
癒される。
目の保養。
エドガー、かっこいいよ。
ポール、色っぽいよ。
ケルピー、男らしい背中!
レイヴン、ちょ、アブナイ・・・
シーツぎりぎり~~~!
ドキドキ、ドキドキ・・・

私は、アニメ本編なしで、EDだけでいいです。
何回見てもいいです。
疲れがとれます。
DVDとか買ったら(買わないけど)
EDだけ、ヘビロテ確定です。
あー、ほんと腐ってるな、私。


テーマ : 伯爵と妖精
ジャンル : アニメ・コミック

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。