*All archives* |  *Admin*

2017/03
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
純情ロマンチカ 2 「恋は思案の外」
今回はテロリストでした。
先日、Voice Colors series 01 情熱 <岸尾だいすけ>を聞いて、
忍ちんの岸尾くんを聞いて、
彼は『絵』があるほうが、演じやすいのかな、と思ったりして。
忍ちん、よかったです。
泣き方がよかった!
忍ちんの顔も、普通は眉をつりあげて、
怒ったような顔が多いんだけど、
不安そうにしてるところや、不思議そうな表情になった途端
かわいい~!
アニメのくせに(悪意で言ってるわけじゃありません)、
いい表情出てるんですよね、ロマンチカ。
アニメスタッフが素晴らしいのか、
やっぱり原画の力が大きいのでしょうか・・・・。

宮城先生役の、井上和彦さんがまたいいんですよねー。
特に、若かりし時の回想シーンでの声。
ちゃんと若いんだこれが!!
なんであの年令で、あの声が出せるんだろう?
今日からマ王!のグエンダルの大塚明夫さんの時も
びっくりしたけど。
グエンダルの少年の時の声も大塚さんが演じてて、
めっちゃカワイイんだ~。
さすがです。

忍ちんの友達のオーストラリア人(?)、
かっきー(柿原徹也)でした。
今回英語をしゃべった三人の中では、
彼が一番英語っぽかったかな。
しかし、英語しかしゃべらない役っていうのも
珍しいですよねえ。

宮城先生が忍ちんを追っかけて、
赤信号で止まっている目の前の横断歩道を
美咲と角先輩が歩いていった・・・・
うさぎさんじゃないんだー、と思いつつ、
うさぎさんが横断歩道渡ってる姿は、想像できんかったよ。

それから、思いっっっきりエッチは飛ばされてましたね(不満)
もうちょっとやろーよー。忍ちんがかわいいのにー。
TVじゃ無理?(←当然だろー)
やっぱりTV局に苦情きちゃったりするのかなぁ~。
残念。



スポンサーサイト

テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

純情ロマンチカ 2 「月に叢雲花に風」
美咲の優しい「え、・・・?」が好きです。
というか、櫻井孝宏くんの「え、・・・?」が大好きです。
かわいくてかわいくて、聞いてるととろけちゃう!
今回、2回ほど聞けたよー。
でも、時間にするとアッという間なんだよね。
だって「え」だけだもん。

それから、ED直前の、ウサギさんが美咲を、
後ろから抱きしめて、ズルズルと座り込んだあとの
美咲の表情が、ステキだったぁ~。
色っぽくてねー。
だんだん色っぽくなっていくところだからな。
直接的なエロはなかったけど、
それでも、ちょっとドキドキものでした。

さて、とうとうウサギ父にも会ってしまった美咲。
電車の中に、野分いるし。
読んでる本は「クマの星座」だっけ?
あいかわらず、色々と芸が細かいなー。
最後に出てきた、ひよこ柄のトースターも
かわいかったし。
もしも、ロマンチカグッズが発売されたら、
全部買ってしまいそうだ・・・・
あー、そんな自分が怖い・・・


拍手ありがとうございました♪

テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

純情ロマンチカ 2 「百聞は一見に如かず」
子供たちが歌っています。
「このー木なんの木♪」
「のわき~(野分)」

本日の感想は以上。


いやいやいや・・・・。
ED後のちょっとしたエピソードの後の
最後のひとこま。
もうこれだけでいいですって。
私一人で見ていて、思わず噴出しました!

イイ男二人が裸で寄り添うように寝ているところから
始まった今回。
いやあ、コミックよりもなんか生々しくなかったですか?
いえ、いいんですけどね、いいんですけどね、全然。
津森先生は、とってもいや~な感じ出してました。
CV.の千葉進歩さん、
「やさしい竜の殺し方」のアーカンジェルが好きなんですけどねえ・・・私は。
嫌なヤツもお上手なんですね・・・・

野分はヒロさんに言い訳するチャンスすらなくて、
とても辛そうでした。
言い訳するどころか、
「俺には俺のやり方があります!ヒロさんに口をはさまれたくない!」と
キレちゃったし。
そんな言い方したら、ヒロさん泣くよ?
私は泣く!
てか泣いたし。涙出たし。

前回のエゴイストの時は、野分のターンで
一人語ってたけど、
今週は、ヒロさんのターン。
いっぱいしゃべって、ものすごーく落ち込んで、
一人で空回りして。
「感情で動くのは、
カッコ悪くて、みっともなくて、恥ずかしいことだ」とか言っちゃって。

でも野分の
「俺の世界はいかなる時でも、ヒロさんを中心にまわっているということです」
なんてオトコ前のセリフを聞いて
「バカだなー、困ったなー、嬉しいなー、
あー、俺本気でこいつのこと好きなんだなー・・・・」と
顔赤らめてたヒロさん、
格別にカワイイ~~~♪
ほんとにめちゃくちゃカワイイ!
言い方(心の中のつぶやきだけど)もかわいかった。

ただやっぱり、イトケン(伊藤健太郎)の声が苦手かなー。
単に好みの問題なんだけど。

あと、野分が津森先輩と寝てたいきさつを
説明する「小劇場」が最高におもしろかったですね!
この前の「美咲、ねんざへの道」もおもしろかった。
今後も期待です。

そういえば、「純情ロマンチカ」11巻、
12月1日に発売なんですね。
待ってましたー!
12月1日は他にも大好きな書籍が3冊も刊行されるので、
大変だ。
どれから読もう・・・・・・



拍手どうもありがとうございました♪


テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

純情ロマンチカ 2 「嘘から出た実」

今回は、うさぎさんが切ないターンでしたね。
角先輩の家で、うさぎさんが襲われた(?)時、
「こういうの得意ですよねー」
「どうせ美咲だってそうだったんでしょ」と、
言われたうさぎさんの顔、
ショックを受けて、とてもつらそうだった。
角先輩ん家から帰ってきた時のうさぎさんは、
切なくて、哀しくて、寂しそうで。
唯我独尊、俺様な宇佐見大テンテーも、
本当は寂しがり屋で、臆病で。
そして、
いつも不安だから、安心できる確かなものを求めてるんだよね・・・・

角先輩は、本当にうさぎさんのことが好きなのかなあ。
やっぱり美咲が好きとか?
いや、作家である父親の関係で、
昔から宇佐見秋彦の作品に触れ続けてきたわけだしね。
知らず知らずのうちに、心の中で
大きな存在になってた、かな。

でも、美咲も気にしてたけど、あの場合、
「うさぎさんが受け?」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
見てみたい見てみたい見てみたい!!
絶対見たい!!!
番外編とか、美咲の妄想とかでもいいから、
見せてくれ!お願いだ。
.........超萌える。

ところで。
学祭後、打上げも終わって、
角先輩の家へむかって、美咲と角先輩が歩いていた時、
背景に見える店舗の中に

「ひよこ」 というお店があったんだけど。

はて、何のお店でしょう?
純粋にひよこ屋さん?(いやいや、ありえない)
ひょっとして鶏肉料理の店?(残酷・・・)
高金利のローン会社?(督促にきても、怖いんだか、カワイイんだか)
あぁぁ、ファンッションヘルス「ひよこ」だったらどうしよー。
みんなひよこのコスプレしてたりして。
こっちへ来てピヨ。サービスするピヨ。
ピヨピヨピヨピヨ・・・

コホン。
あと、先週も思ってたんだけど、
美咲の携帯の待受け、
純情ロマンチカの時の、麺をぶっかけられた鈴木さんだよね。
(確認したら、コミックでもそうだった)
何故にそれ?美咲のこだわりか?
まだ、メリメリメリメリ・・・・の
うさぎさん特製DXオムレツの方がいいぞー!



テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

純情ロマンチカ 2 「口は災いのもと」

いやあ、野分、一人語りの回でしたね~。
ずっとナレーション担当というか、
心情を吐露してたわけですが。

「僕はヒロさんの中で、本当に特別ですか?」
「ヒロさんの中で、オレはどれくらいを占めてますか?」
なーんて心のつぶやき、
野分にしては珍しく、せつなかったですよ~。

ヒロさんが、そんな野分の心情まで察していたのか不明だけど、
まるでそれに答えるかのように、
「オレに特別な呼び名がある。
この世でたった一人にしか呼ばせねえ名前だ」
「ヒロさんだ」

もう、エゴイストの中での名場面の一つですね!
あ、あと野分の「はい、ヒロさん」というセリフが
たまりませんなぁ。
「野分、さむい」
「はい、ヒロさん」
あー、もう神奈さんの声に
腰が砕けそうだ~~~

そういえば、今回やたらに作画がキレイじゃなかったですか?
顔もキレイだったし、
紅葉し始めた秋の公園を
二人手をつないで駆けて行く場面も
動きや色なんか美しかったし。
(↑こう書くと、どんなシチュエーションじゃと勘違いしそう)
でも、部屋のテレビの大きさには
少々難がありましたが。
デカすぎだよねえ。アレ。

最後ED後のひとコマで、
パンダがいっぱい出てたのが嬉しかったです!
たとえ、蚊取り線香の容器でも!
(私、現在とある事情により、パンダにはまっております)

テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。