*All archives* |  *Admin*

2008/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版 空の境界/第五章「矛盾螺旋」
見てきました。
おもしろかった!

映像も、音楽も、こんなにいい映画なんだから、
もっと宣伝してたくさんの人に見てもらえばいいのに・・・
と言ったら、
「無理無理。
ひぐらし(ひぐらしのなく頃に)とかの例もあるでしょ。」
言われてしまった。
まあ、確かにかなりグロい映像とかもあるけれど・・・・
それがあるから何?って言いたいんですけどね、
内緒だけど!

原作小説を読んでいない私が言っても、
説得力ないでしょうけど、
抽象的な部分も、かなり頑張って
表現していたのではないでしょうか。
小川マンションに取り込まれた式が
昏睡から目覚めていく様子だとか、
マンションと一体化した荒耶宗蓮とか。
戦闘シーンもかなり迫力ありましたし。
最後の、
マンションごと式をつぶそうとして、
高層から落ちていく荒耶を、
追いかける式が同様に落ちていくところなんか、
結構緊張感ありました。

それから、臙条巴くん。
男子からすると、どうでもいいキャラみたいだけど、
私としてはかわいかったですよ。
彼は人形だったんですね。
両儀式は、最初から知っていたのかな、
彼が生身の人間ではないことを。
そんな気がしてなりません。

一流声優が揃う中、
巴役の柿原徹也くんが、一人普通のアニメっぽさを
かもし出していました。
いえ、決して悪い意味で言ってるのではありません。
演技、すごく上手かったですよ。
今回よくしゃべっていた橙子さん役の
本田貴子さんが、外画吹替えっぽい上手さで
雰囲気を出しているので、
それと対照的に、巴の幼さとか、一途さが
出てたのでは?

もちろん、大好きな黒桐くん・大好きなすず(鈴村健一)も
いっぱいしゃべっていましたよ!(ウフフ)
彼(黒桐くん)はどんどん魅力的になっていきますね!
それから、荒耶役の中田譲治さんはいわずもがな、
ピッタリはまり役。
コルネリウス・アルバ役のゆっさ(遊佐浩二さん)は・・・・・・
スルーで。
・・・・・・・・・・・・・・・・
だって、もう、「こうしゃべるだろうな」って思ったとおりに
思ったとおりの声でしゃべってて、
ピッタリというか、そのままというか、笑えるというか・・・・
いや、いい味出してましたって。

今回のツボは、
「ロケットペンシル」
橙子さんが黒桐くんに、「知らないのか?」とか
聞いていたとき、
私は、橙子さん達の世界で使う何か特別なもの、
魔術に関する道具とか、
そういった類の名称のことかと思いましたよ、一瞬。
でも違うんですね。
素直に「あの」ロケットペンシルなんですね・・・・
というか、黒桐くんなんで知らないんだよっ!!

最後に式が、黒桐くんの部屋のカギを要求しながら
顔を赤らめるのを見て、
思わず 吹いてしまいましたよ。
あれ、こんなのもアリなんだ、この映画、
って感じでしたけどねー。
「空の境界」というのは
「男子向け」映画だと聞かされ続けていても、
どこが?と、ピンとこなかった私だったけど、
ちょっとだけわかった気がしましたっ、と。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

純情ロマンチカ 2 第3話 三度目の正直
今回エロ、ほとんどなかったですねぇ・・・
(スミマセン、スミマセン
宇佐見家実家から美咲奪還後の、
マンション駐車場での・・・・
きっとDVDではバッチリ!なんじゃないかな(希望)。

久しぶりに角先輩も出てましたね。
千葉さんいい声だぁ~
もう少しすると、角先輩の色っぽい攻め声が聞ける!

うさぎさんにとって、
美咲がなくてはならない存在なのは、
わかりきってるけど、
この「純情ロマンチカ 2」あたりから、
美咲にとっても、
うさぎさんが必要不可欠な存在であることを
はっきり自覚し始める。
だから美咲の心情なんかが、
胸に「ズッキューン」とくることが増えてきて、
泣きそうになります。

美咲は本当にいい子だよね・・・
ロマンチカを見てると、
自分を振り返り、
「見習わなくては!」と
自己反省することしきりです。(情けない・・・)

次回はみんなのお待ちかね、
「エゴイスト」組みたいです。
みんな好きだよね、エゴイスト。
ヒロさんのCV.がイトケン(伊藤健太郎)と聞いたときは
かなり驚いたけど、
思ってたより可愛かったデス。

しかし、そろそろコミックスの新刊でないのかなあ・・・・



関連記事

テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

scarlet(スカーレット) <斑目ヒロ>
Scarlet (バーズコミックス リンクスコレクション)Scarlet (バーズコミックス リンクスコレクション)
(2007/08/24)
斑目 ヒロ

商品詳細を見る

★★★★★

最初の印象は、「わかりにくい絵」でした。
線が細かいせいでしょうか。
「好みじゃないかも」なんて思っていたのに。
あー、いいですよコレ。
全く別の3CPのストーリー、プラスαという構成ですが、
すべて好きです。
ギャグとか外伝嫌いな私なのに、
プラスαの部分もお気に入りです。

↓ネタバレあり注意!

続きを読む

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

テイルズ オブ ジ アビス 第5話 「選ばれし英雄」
私はゲームをやってないので、内容をよく知らないのですが、
ヴァン先生はルークをだましてる?
ルークを亡命させたいと言って、
アクゼリュスへの親善大使を強く勧めてたのを見て、
今日初めて、「この人ひょっとして信用しちゃダメかも?」と
思ってしまった。なんとなくだけどね。
いつもより饒舌で、「私の元へ来い」云々言ってる
強引さがどうも・・・ね。

でも、ルークは人を疑うことを知らず、
素直に喜んでるんだよねー。
かわいいなあホントに。

音素(フォニム)の話をしてるとき、
何も知らないルークはティアに、
「家庭教師に教えてもらってないの?」的なことを言われ、
「他に覚えることがいっぱいあって、それどころじゃなかったんだよ。
言葉とか、親の名前とか・・・」みたいに答えてた。
あっけらかんと言ってはいるけど、
苦しかっただろうな。
まだ幼かったのに記憶をなくし、
外に出ることも許されず、
時々襲う激しい頭痛にも耐えていたルーク。

・・・・・あー、ダメだな。どうしてもアビスの感想は
「ルーク、ルーク、かわいいよ、ルーク」に終始してしまうっ!
萌えというより、母性本能だな、こりゃ。

あと、関係ないけど(関係なくないか)
死神ディスト、
なんか他のアニメで似たようなキャラクターを
見た気がするんだけど、なんだったかなぁ・・・?
リボーン?絶対可憐チルドレン?んー、なんだったかなあ・・・・


関連記事

テーマ : テイルズ オブ ジ アビス
ジャンル : アニメ・コミック

「あると」について part2
私のBL歴は、実はそんなに長くありません。
なので、ここで書いている本やコミックの感想も
新刊の情報などはちっとも書くことができず・・・・
他の方が紹介や感想を書いていらっしゃるのを読んで、
「あー、おもしろそうだー」とか
「これは話のタネに読んでおかねば」という具合に
選んで読んでいるので、
ずっとずっと遅れたもの、すでに知れ渡っているものばかりです。
古~い本の感想なんかもあったりします。
BL初心者としては、新刊を開拓するなんてとんでもない。
まずは誰もが知ってる有名なものや、
人気シリーズになっているものなどを、
みなさんの感想などを道しるべにして
地道に読んでいる状況です。

ですから、ここを読んでいただいても、
ご存知のものばかりで何の参考にもならず、
つまらないだろうなあ、と。....読んでもらえなくて当然デス・・・
とりあえず 読書記録と自己満足のためのブログかな^_^;

しかし、当初の予定とは違って、
アニメの感想が多くなっちゃってます・・・
たまたまアニメ関係でうっかり足を踏み入れてしまった方、
ごめんなさいねぇ、カオスなブログで


関連記事

テーマ : つぶやき
ジャンル : ブログ

黒執事/伯爵と妖精
<黒執事> 第4話 「その執事、酔狂」
このところ、数人の友人・知人に
「黒執事ってギャグ漫画なの?」という質問を受けてまして、
原作を読んでいる私としましては、
「いや、決してギャグ漫画ではありません!
シエルの過去など、結構重かったりするのだよ」と
説明しまわっておりました。

が。

私は認識を変えた方がいいのでしょうか?
思いっきりお笑いはいってましたね。
おかしいなあ。そんなはずなかったんだけど・・・・

それより、出ましたね、諏訪部様。
葬儀屋さんは 諏訪部順一さんでした~。
とってもいやらしくて変態チックでヨカッタワン。
鈴木達央さん(ドルイット子爵)はアニメでちゃんと聞くのは初めて。
あれが通常の鈴木さんなのですか?
だとしたらちょっと意外かも。
結構高い声なのね。

今週のセバスチャンのひとこと。
「本当に捕まるしか能がありませんねぇ」

うっわっ、言われてみたい!!
え?こんな言葉のどこがいいって?
....あなた、まだまだですねぇ。
「おまえは何も出来ない能無しだ。最低だな。
私がいなければ、ただ生きてるだけじゃないか。役立たずめ。
跪け。許しを請え。従えば、まだそばにいさせてやろう」と
脳内変換してですね、
精神的にドン底に叩き落されなくっちゃー。
かなりMっ気をそそられる言葉ですよ~。

<伯爵と妖精>
時々「キラッ」って音が入るんですよね。
その度にエドガーが偽りの笑顔。
やっぱりギャグアニメなんだろうか・・・・
でもエドガーが、レモン水をたらして
妖精の道案内してるところは かわいかったぁ

そして、リディアの髪に口付けながら
「キャラメル色、そう言ったほうが君には似合う」
「食べてみたら甘いのかな・・・」って
なんつーキザな!!
思わず「ネオアンジェリーク アビス」を思い出してしまった。
あれも、「カラダ中がかゆくなる」アニメでしたね。

ところで、EDについて。
何故みんな「ハ・ダ・カ!」なのですか?
それもイイ男ばっかり!(....じゅるッ
ただ、後半のニコはいらんが。(ネコのくせに!)
ま、いいですけど。
毎週おいしくいただきますってことで。(爆)



関連記事

テーマ : 黒執事
ジャンル : アニメ・コミック

君と緋色の恋を抱き <高月まつり>
君と緋色の恋を抱き (プラチナ文庫)君と緋色の恋を抱き (プラチナ文庫)
(2003/05)
高月 まつり 夢花 李

商品詳細を見る

★★★☆☆

泣けるBLということで紹介されているものです。
こういうの「ショタ」っていうのかな?
ちょっと違う?すみません、詳しくなくて・・・
(誰か教えて!)
年齢はティーンエイジャーなんだけど、
精神年齢は少々幼すぎないか?と思った次第です。
でも、評判どおり泣けましたヨ。

↓ネタバレあり注意!

続きを読む

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

純情ロマンチカ 2
純情ロマンチカ2 限定版1純情ロマンチカ2 限定版1
(2009/01/30)
櫻井孝宏 花田光

商品詳細を見る

★★★★★

純情ロマンチカ 2(ツーではなく『に』)が始まっています。
内容はさておいて、何よりもとりあえずですね・・・・


『鈴木さん☆メジャー』が欲しいっっっ!!

なんなんですか、あれは!
めっちゃカワイイじゃないですか!
アニメ本編よりも、DVDのCMにつられてしまいましたよ。
純情ロマンチカ 2 DVD、
限定版の方についてくるオマケなんだけど、
あのうさぎさんが持ってる熊のぬいぐるみの
「鈴木さん」。
その鈴木さんの顔がデザインのメジャーで、
耳を引っ張るとメジャーになってて 伸びるんですよ。
(って、こう書いても全く可愛さが伝わらないことに気が付いた
あー、限定版を買わなきゃダメなのね、限定版を。
私、通常版で充分なんだけど。
まだ前回のDVDも買ってないのに、
こっちからいきなり購入しそうだ・・・・

映像的な面で、アニメの出来としては
そう大したことはないので、
本来はDVD購入なんて考えないのですが、
何せ「TVでは暗かったところがDVDでは・・・・」や
「TVでは動いてなかったあの映像が・・・・」などという
宣伝文句にのせられてまして。
あぁ見たいっ。

ちなみに、アニメの感想ですが、
もう「もりもり上手い!」の一言につきますね。
もりもり=森川智之さん。
アニメでは、あんなわめく感じの役って、
どちらかというと少ないじゃないですか。
クール、ダンディ、冷血、忠実な・・・・
低く落ち着いた声で、セリフも少なめ、大人の役とか。
映画の吹替えでは結構高めの声のやんちゃな役とか
やっていらっしゃるんですけどねー。
井坂さん役、ほれぼれして見てます(聴いてます)。

ついでに、朝比奈さん役のおっきー(置鮎龍太郎)も、
いつもの低音キャラではなく、
かなり高めの少年役やると、
すんごい、すんごいカワイイ♪ですよね~。
もっと増やしてほしいなあ・・・
(最近では、ゲゲゲの鬼太郎で少年役やってましたね)

最後になりましたが(汗)、アニメ内容感想。
原作に忠実に頑張ってます。
美咲くん、かわいいし切ないし。
うさぎさん相変わらず唯我独尊。
井坂さんとのやりとり、聞き応えありました。
声優さんて すごいなー。
(↑結局、声優さんの話かよ)




関連記事

テーマ : 純情ロマンチカ
ジャンル : アニメ・コミック

グイン・サーガ 2009年春アニメ化 
されることは少し前から知っていましたよ。
天野喜孝さんの挿絵が大好きな私としては、
たぶん思うようなアニメではないだろうな、と
「ちょっと見てみようかなぁ」程度の期待度だったのですが。


改めます。

絶対見ます。

何が何でも見ます。


びっくりしたよ~、STAFF見た時。

音楽 植松伸夫

なんだもん。
ノビヨ師匠だよ、大好きだよ。
師匠のゲーム音楽は最高なんだから~♪。
ファイナルファンタジー万歳\(^o^)/

グイン・サーガが、めちゃくちゃ楽しみになってしまった・・・・

関連記事

テーマ : グイン・サーガ
ジャンル : アニメ・コミック

テイルズ オブ ジ アビズ 第4話 隠された真実
ルークって、本当に無知な箱入り息子なんですね。
でもそういうの、好きなんです・・・・
世の中の悪いことを知らずに
純真無垢に成長し、
世間知らずで 自分の正義こそが正しいと信じてる。
そんな子が、みんなに見守られながら、
様々なことを経験し、悩み、傷つき、癒され、
少しずつ大人になっていく過程を見るのは
心をくすぐられます。

ルーク、
これからも、辛いこと悲しいことたくさんあるだろうけど、
楽しいことや、幸せなこともきっとあるから、
今のままの純真さを忘れないでがんばれ!
いつも、みんなに守られていることを忘れないで。

関連記事

テーマ : テイルズ オブ ジ アビス
ジャンル : アニメ・コミック

黒執事/伯爵と妖精
<黒執事 第3話>
えーっと、いいのでしょうか?
あの次回予告。
前2回とは、えらく趣が違うというか、
釣りですか、釣りですか。
釣られていいですか。
あれじゃあまるで
アニメ「学園ヘブン」のオープニングじゃないですか!
おかげで今回の内容、すっかり飛んじゃったわよ。
あーでも、シエルの寝巻きがネグリジェみたいな
ロングシャツタイプで、可愛かった~
足が出てるの見て、ヨダレが出た。
(↑オヤジか、お前は)

<伯爵と妖精>
私が住んでいる地域はこの日、
「黒執事」と「伯爵と妖精」がほぼ同時間、
「のだめカンタービレ」も微妙にかぶってる、という状況で
どれを予約録画しようか悩むところ・・・・
結局「伯爵と妖精」は携帯で見たので、
画面も小さく、あまり楽しむ感はもてなかったです。
でも、エドガーが結構暗い過去を背負ってるみたいで、
ただの「お調子者のタラシ」かと思っていたのは間違いなのね。

携帯の小さな画面にもかかわらず、
さすが迫力ありましたね~黒静蘭、
.........あ違った、黒エドガー。
グリリバ(緑川光)が『黒』を演じると、
ゾクゾク・ニヤニヤしてしまいます!

そしてレイヴン、かっこよかった~!


関連記事
すべてはこの夜に <英田サキ>
すべてはこの夜に (CROSS NOVELS)すべてはこの夜に (CROSS NOVELS)
(2007/10)
英田 サキ

商品詳細を見る

★★★★☆

英田さん、デビュー前の作品+書下ろしです。
「すべてはこの夜に」「夏の花」「春宵一刻」の
三篇からなるのですが、
私は「夏の花」が特に好きになりました。
「すべては~」に出てくるサブキャラの
若かりし頃の話で、静かでいいお話です。
「春宵一刻」の中に、その後の話も少し出ていて、
より切なくなってしまいました・・・・

↓ネタバレあり注意!


続きを読む

関連記事

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナルカウントダウン
見てきました。
おもしろかったです。
すごかったです。
何がすごいって、殺陣(タテ)がすごい。
ハンパない!力入ってますよ~。
ごまかしていません。
冗談じゃない迫力!!

同時上映のアニメは・・・・だまされた感が強いのですがー、
イマジン4人の声が聞けたんで、ここはスルーということで。

↓ネタバレあり注意!

続きを読む

関連記事
テイルズ オブ ジ アビス 第3話 神託の盾来襲
ルークが可哀相だ。

大切に守られて、健やかに育ってきたんだもん。
何にもできなくて、何にも知らなくて当然じゃん。
それなのに、みんなでバカにして。
イジメて。
世間知らずのお坊ちゃまなんだから
いきなり戦いの場へ放り出されたって
オロオロして当たり前でしょ。
剣で人を傷つけることに怖気づくのは、
人として、ティーンエイジャーとして、ごくごく自然でしょ。

なのに、みんなイジワルだ。
娘によると、この先もルークは
みんなの容赦ない仕打ち(笑)を受け続けるらしい。

あー、ますます好きになったよ、ルーク。

それから、
子安さん、演技上手すぎ。(や、当たり前だ!!コラッ)
一言一言、その状況や相手に対しての
演技わけがすごすぎる。
ロリコン変態中年おっさんが
見事に表現されてるよ・・・・・
大好きだよ、大佐!

関連記事

テーマ : テイルズ オブ ジ アビス
ジャンル : アニメ・コミック

騎士と誓いの花 <六青みつみ>
騎士と誓いの花 (リンクスロマンス)騎士と誓いの花 (リンクスロマンス)
(2005/07/29)
六青 みつみ

商品詳細を見る

★★★★☆

うっ、うっ....な、泣く.......
病院の待合室で呼んでいたのですが(もちろんカバーかけて!)
途中でバッグに自主回収しましたって。
だってせっかくだから、
人目のないところで思いっきり泣きたいじゃないですか~!
診察待ちの人々の目を避けるように
ハンカチで目頭をこっそりおさえつつ、
しかし、ズルッっという鼻水の音は防ぎようもなく・・・
いや、風邪ですから、風邪ひいいてるんです(^_^;)
そんな、聞こえもしない言い訳を心でつぶやきつつ、
あーそうかー、この本のテーマ(裏の)は
「涙と鼻水」だったよ・・・・

↓ネタバレあり注意!

続きを読む

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

劇場版 空の境界/第四章 伽藍の洞
上映最終日、なんとか見ることができました。
相変わらず、絵がキレイです。
丁寧で、細かいところまですごくこだわっていて、
CGじゃないところもかなりリアルな感じを保ってます。
音響もシビアだし、音楽もいいですね。
大好きな黒桐くんが、高校生じゃなく
ちょっと大人になった時の話だったので、かっこよくてヨカッタ。
この映画を見る第一の目的は、黒桐幹也&鈴村健一なんだもん。
前々回、雨の中 学校の出入り口で、式と並んで立ちながら
黒桐くんがアカペラで歌ってたけど、今回もありました。
あれは歌の上手なすず(鈴村健一)だから耐えられたけど、
他の声優さんだったら、ドキドキものかも!

原作は手元にあって読むばかりになってるのに、
まだ手付かずで、内容が原作と比べてどうだ、
という話はできなくてスミマセン…。
ただ、比較的わかりやすくできてたんじゃないのかな?
娘と一緒に見に行っても、危ないシーンもなかったし
(それにしても、あたりまえですがお客さんの層が独特ですねー。
やっぱりリュックしょったオタク風青年が多いです・・・
その中でも私は最も異質だったでしょうねえ(汗))

エンドロールのキャストで「保志総一朗」「中田譲治」の名前。
あれ、出てたっけ?全然気が付かなかったぞ?
と思ってたら、エンドロール後の次章予告に出てでしゃべってました。
次章 矛盾螺旋は今までみたいに1時間程度の短いものでなく
普通の映画なみに長くなるんだそう。
ていうか、今日からもう公開してるんだった!
来週は電王を「見に行かなきゃ」いけないし、
空の境界っていつもあんまり長くやらないから、
早めに行かなきゃいけないんだけど、どうしよー。
関連記事
黒執事/伯爵と妖精
<黒執事>
「あ、遊佐」
劉がしゃべった途端の私と娘の言葉です。
劉は遊佐さんだったんですね。
遊佐浩二さんもすぐわかる声だからなー。
今回 捕まってベルトで締め上げられているシエルにセバスチャンが言った
「坊ちゃん、なかなかいい格好をされているじゃないですか」や
「坊ちゃん、おねだりの仕方は教えたでしょ?」や
お姫様だっこされたシエルが「萌」でございました・・・・
最後EDのキャストのところでびっくり。
「え、ええー福山潤!?どこ、どこにじゅんじゅん出てたの~!?」
あわてて巻き戻し、マダム・レッドの執事(?)グレルが
「は...」
あ~~じゅんじゅんだ~、じゅんじゅんだ~!
グレルって、のちのち怖~い人になるんじゃなかったっけ?
どんな演技するか楽しみだな~♪

<伯爵と妖精>
原作を読んでいないので
全く内容を知らなかったのですが、
こんなに笑えるアニメだとは思えませんでした。
いやいや、内容はいたってマジメなものです。
笑えるのはひとえに 緑川氏の力かと。
「キラッ」って何、「キラッ」って。
エドガー君があまりにも 緑川光で。
おまけに、ED。
今回EDとして流れたわけでなく、物語が進む中(セリフしゃべってる中)
キャスト等が画面に出て、そのバックにかすかにED曲が流れていましたが、
あー、この歌ー、なーんか緑川さんが歌ってる気がするー。
それも カワイイ系の声でー。
と思っていたら、やっぱりそうでした・・・・
来週からはもうちょっとちゃんと聞けるのかな~。

それから杉田智和くん(レイブン役だっけ??)
か、かわいい~!
とても杉田さんとは思えない!
何しろ私の中では杉田さんの形容詞は「気持ち悪い」
(ゴメンナサイ!役の話ですから!!)
あのマクロスFのレオン三島。
あれは、レオン三島役を杉田さんが演じたのではなく、
先に杉田智和がいて、それに合うキャラターを作ったとしか思えないようなはまり役。
私としてはそういうイメージが強くって。
だから今回の役はかわいい男の子でびっくり。
内容以外で楽しみなアニメです。
関連記事
追記。ロックオン/三木眞一郎
あー、誤解のないように「言い訳」しておきますが~
私はロックオン・ストラトスも
三木眞一郎さんも、大好きですよ!
ガンダム乗ってる4人の中では 比較的大人のロックオンはいい雰囲気だし、
三木さんの歌だって、「遙かなる時空の中で」のキャラソンなんて好きなものばかり。
演技も好きです。コジロウとか魔性のゲイとか!

決して嫌ってるわけではありませんで~~~(汗)
関連記事
どうしても触れたくない  ヨネダコウ
どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 26)どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)
(2008/09/01)
ヨネダ コウ

商品詳細を見る

★★★★☆
あちこちで評判のこのコミック。
みなさんが素晴らしい感想を たくさん書かれているので、
私なんぞが今さらなのですが。
「どうしても触れたくない」のは いったいどちらなんでしょう?
嶋?外川?二人とも?それともカラダではなく・・・・?

↓ネタバレあり注意!

続きを読む

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

「Answer」三木眞一郎 -ロックオン・ストラトス-
永遠の螺旋永遠の螺旋
(2008/09/24)
三木眞一郎 come across ロックオン・ストラトス

商品詳細を見る


もうお聞きになりましたか?
機動戦士ガンダムOO 
Answer 三木眞一郎 come across ロックオン・ストラトス

音楽のジャンルでいうと「ラップ」です。

もとい、作者は確かに「ラップ」として製作したはずです。

皆は言います。
「お経だ~!!」 「ロックオン公式追悼!」 「成仏してくれ~!」

しかし、私は断固 抗議したい!
あれは「お経」なんかじゃない!
あれは、あれは・・・・・・


「呪い」じゃ~!!!

呪詛だよ、呪詛。

出たくでも出られなった、ガンダムOO 第2期へ対する
ロックオンの悔恨なんだ。

しかし、録音スタジオで誰も言わなかったんだろうか。

「三木さん、すみません・・・もうちょっと軽く明るい感じで
もうワンテイクお願いしますぅ」
それともこれは、最初からの狙いだったんだろうか・・・・(謎)
関連記事
黒執事/テイルズ オブ ジ アビス
秋の新アニメが始まりましたね。

黒執事、セバスチャンがドラマCDではもりもり(森川智之)だったのが、
アニメでは小野D(小野大輔)と聞いて、
ん~と思ってたけど、
…いいんじゃない?
もりもりのように落ち着いた執事ではなく、
グリリバ(緑川光)のように甘ったるすぎず、
あっさり若々しい、そこそこ品のある執事で!
実際、ただの執事ではなく、悪魔だったりするわけで、
そういう場面での迫力は、もりもりにはかなわないんじゃないかなーと、
思っちゃったりするんだけど、まあ、今後の楽しみってことで。

アビスはよかった!思ってたよりずっと。
私はテイルズは全くゲームしてなくて、
子供がちょっとプレイしてるのをのぞき見してる程度。
単にちーちゃん(鈴木千尋)が大好きなので見たんたけど、
絵もキレイだったし、内容もうまくまとめてあって、
続けて見たくなった。
子安さんの大佐も ツボキャラだし!
松本保典さんも相変わらずイイ声だし。
娘いわく「大佐の技がゲームとほとんど一緒だ~」
「どうしてイオンの声、大谷育江さんじゃないのー!!」
とのことだそう。
OPも結構長くて凝ってたしね。
「カルマ」も久しぶりに聞いてワクワクでした!
関連記事
「あると」について part1
ここ数年、よく本を読むようになった。
娘につられてラノベなんぞに手を出し、一気にハマってしまった。
・・・・・もとい、あれはアニメからだったんだ。
「彩雲国物語」
娘がおもしろいと言って、TVで見ているのを
特に気にもせずチラ見をしていたんだけど、
そこに出ていたあるキャラクター、
そいつに惹かれてしまったんだなあ。
美形で長髪、わがままで自分勝手。
そしてちょっぴりエロい(笑)

彼の名は 「茶朔洵」
(知ってる方は知っている、いまだに生きているんだか
死んでるんだか、はっきりしないヤツだが)
そこから、私の倒錯人生が始まってしまったわけだ・・・・・

彼に魅せられた直後、私は「彩雲国物語」を大人買い!
アニメも欠かさず見たし、彩雲国絵巻(アニメ版のファンブックのようなもの)も
コミックも買った。
それから他のラノベにも手を出し、アニメも今まで以上に見、
娘の影響で声優も覚え・・・・
しかし、よく考えて見れば、
私って昔からマンガやアニメ大好きだったし、
昔の声優さん(アイドル声優のハシリの頃)も好きで興味もってたんだった。
もともと素養はあったわけで。

そんな中、いつしかBLの世界にも足を踏み出し・・・・
最初のキッカケはなんだったろう?
多分、某動画サイトで見た(聞いた)BLCDだと思う。
題名は「FLESH&BLOOD」松岡なつき
じゅんじゅん(福山潤)と諏訪部順一さんと小西克幸さん達の
素晴らしい演技とストーリーのおもしろさに
ぐんぐん引き込まれ、こちらも小説をすぐ大人買い・・・
エロさはあんまりないんだけど、読み応えがあって、
私の中では 今でもトップ3に入るお気に入りです。
なかなか新刊が出ないのがたまにキズですね。
もちろんCDも3巻購入済み。その後が全く出なかったので、
寂しい思いをしていましたが、なんと今年の12月から
3巻連続で発売決定!当然全部「買い」です。

そのあとは川原つばさ・沖麻実也の「邪道」小説&コミックへと続き
BLの底なし沼にドボドボと。

今までに読んだもの、すべての感想を書けたらいいなーと
思ってはいるのですが、なにせ時間がとれない!
なので、とりあえず現在進行形のもの、
「読んだら、書く」みたいな形で進めてですね、
合間を見て古いものも小出しにしていこうかなと。

って、ほんとにできるのかぁ??私。
大体、文型教科苦手でしょうーが!
きっとあらすじ説明と、簡潔な感想になっちゃうんだろうなあ
ここブログを読んでくださっている 物好きな(ゴメンナサイ!)あなた。
こんな私ですが、暖かい目で見てやってくださいね。


関連記事
三つの愛の変奏曲 富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部外伝
三つの愛の変奏曲  富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部外伝 (角川ルビー文庫 23-49 富士見二丁目交響楽団シリーズ 6部 外伝)三つの愛の変奏曲 富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部外伝 (角川ルビー文庫 23-49 富士見二丁目交響楽団シリーズ 6部 外伝)
(2008/08/01)
秋月 こお

商品詳細を見る
★★★★☆

圭、あなたってホントに・・・・
あなたの愛は妄想でできてるの?と言いたくなります。
いや、かわいいんですけどね、そのバカさ加減が。

↓ネタバレあり注意!

続きを読む

関連記事
「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。