*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
執事の特権 <榎田尤利>
執事の特権 (SHYノベルス149)執事の特権 (SHYノベルス149)
(2006/01/26)
榎田 尤利

商品詳細を見る

えー、これまたちょっぴり古い作品でございます。
執事、執事、今はやりの執事。
だから読んだってわけではなく。
次に何を読もうかなあと、購入してあったものの中から、
最初に目についたのがこれだっただけ。
タイトルからするに、主人が受けで執事が攻め、
「特権」は肉体関係で、何度もそんな場面があるのかなと、想像してたのですが、
違ってましたねー。
そんな生やさしいものではなかったです。
辛かったです。受けがね。
そして、イラストに超萌えました!!

↓ネタバレあり注意!read moreから


いくつもの記事に、拍手ありがとうございました♪
<あらすじ>
 「この仕事に必要なものは忍耐と経験、幅広い知識、
 そして寛容と自己犠牲です」
 業界大手の乃木坂製薬の営業職の面接に出向いた仁は、
 なぜか27人目の特別秘書候補として、
 執事である富益の執事教育を受けながら、
 乃木坂製薬経営企画室本部室室長であり、
 創始者の孫である乙矢の住む屋敷で暮らすことになっていた。
 眠っているときの乙矢は美貌の貴公子さながらだが、
 現実は人に影を踏まれるのも嫌いな潔癖症で
 人間嫌いで毒舌家でわがままでひとりよがりで神経質な男で、
 仁はまるでバイ菌扱いを受けるはめに!
 バトラー・ラブ登場!!

営業職につこうと面接に行ったら、
何故か、経営企画室本部室室長の秘書候補にされてしまった仁(しのぶ)。
体育会系で、元来負けず嫌い、やる前から負けを認めることが
できない性格が幸い・・・いや、災い?して、
わがまま姫の秘書候補に。
そのわがまま姫・室長というのが、乃木坂乙矢。
『潔癖症で、人間嫌いで、毒舌家で、わがままで、
ひとりよがりで、神経質な男 』というろくでもない言葉で飾られる乙矢ですが、
すさまじいまでにそのとおり。
広ーい屋敷の何処にいようが、インターホンで秘書の仁を呼び出して、
用を言いつける。言った言葉は、
「落ちた」

「は?」ですよね。
つまり自分のすぐ横にクリップが落ちたので拾え、と。
拾って、すっごく丁寧に消毒して渡そうとしても、
「やはり一度落ちたものは汚い。捨てろ」と仰せられる。
1メートル以上近づくな、常に新しい手袋をしていろ、
あれが落ちたこれが落ちた、遅れるな、お茶を入れろ、
お茶が熱い、ぬるい、飲めない・・・・etc.
今まで、何人もの候補が泡のように消え・・・・
でも、仁くんは頑張っちゃうのですよ。
意地のようなものもあったのでしょうね。

そうして仕事をこなしていくうちに、
乙矢の潔癖症の本体や、原因が見えてくる。
なんとかしてあげたいという気持ちから、
だんだん別の感情も芽生えてくる。
ずっとそばにいたい、と。

乙矢のほうも、火事騒ぎのときに、命を助けてもらったことも含めて、
今までの秘書候補とは違い、
天然で、「はい」か「はあ」しか言わないような仁に
調子をくずされつつ、
「なんとかできるかもしれない」と期待を持っていきます。
そこでするのが、
「私がおまえに触れられるかどうかの実験」
この場面、胸が苦しくなりました。
たった指一本触れるのに、どれほどの思いが必要なのだろう。
「私に触れられて、嫌じゃないか?」
そんなふうに思ってたの?
どんなにか、辛かったろうね。

他人に触れられたくない・・・・・実は他人に触れられないという事実に、
ちょっぴり胸をしめつけられました。
強迫性障害。
乙矢の場合は、幼い頃最愛の母から
「お前は汚い。汚いから誰にも愛されない」と言われたことが原因。
そのせいで、荒れてひび割れがするくらいに
一日に何度も手を洗い、清潔な手袋をはめなおす。
本人もそれが、おかしいことはしっかりわかっているのだけれど、
頭ではわかっててもどうすることもできない。
自分の異常さに気付いていながら、そうするしかないっていうのも、
辛さが増します。
ここだけ見ると、重ーい話になりそうですが、
攻めのキャラが、ほんのちょっぴりコミカル味を加えてくれて、
落ち込まずに読み進めることができました。

最後は、完全にではないけれど、
仁に対しては、ずいぶん潔癖症を克服して
ラブラブな関係に!
ラストの二人のなシーンは、もう・・・・!
乙矢のツンデレぶりと、無知さと、エロさと。
仁の「敬語攻め」と、「旦那様」と呼びながら時々「乙矢」と囁くところと。
あーとにかく、かわいくて暖かいエロ(←どんなエロだ??)がよかったです!!

サブキャラである執事の富益もいい味だしていて、
ほほえましかったですよ。
若い二人より、もう何枚もうわてなんだもん。
敵いません。
ラストシーンはイラストを含めて最高でした!

そのイラストに関して。
好みの絵柄というわけではないのですが、
妙に萌えてしまいました。
乙矢の頬に仁の手が添えられてるところとか、
乙矢の手にそっと口付けているところとか、
最後のベッドの上の、赤面驚愕焦燥顔の乙矢の裸体に
腕を伸ばす同じく裸体の仁(を老執事がニコニコ見ているの図)とか。
ただし、乙矢の辛い心情という背景があるからこその
『萌え』ですけどね。

最後にもうひとつ。
最初、主人公の名前、「乙矢」が「乙女」に見えてしょうがなかったです・・・・
でも、ある意味乙女のような人ですけどね。
ものすっごい「ツン」です。
ツンツンツンツンツン・・・・・・・最後の最後に「デレ」って感じかな。
ドラマCDやるなら、絶対ノジケンがいいなと思っていたのですが、
実際に発売されていて、本当に野島健児くんだったんですね!
やっぱ、彼しか考えられないですよ、うん。
ちなみに仁は私の中では、安元さんで再生されてました(^^ゞ
実際は杉田くんなんですね!それもピッタリだと思います。
CD手に入れて聞きたいな~♪
関連記事

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。