*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
片翅蝶々 <雪代鞠絵>&BLCD 「片翅蝶々」
片翅蝶々 (ショコラノベルス・ハイパー)片翅蝶々 (ショコラノベルス・ハイパー)
(2006/04/08)
雪代 鞠絵

商品詳細を見る

  ドラマCD「片翅蝶々」ドラマCD「片翅蝶々」
(2007/06/06)
ドラマCD 吉野裕行 平川大輔 岸尾だいすけ 遊佐浩二

商品詳細を見る

平川くん目的のCDを聞くために(^^ゞ、まずは原作から。
CDを少しばかり聞いてから原作を読んだために、
読みながらほとんど脳内でキャストの声が聞こえ・・・・
小説読んでるんだか、CD聞いてるんだかっていう気分でした。

↓ネタバレあり注意!続きから。

拍手&コメントありがとうございました♪
お返事は↓続きからの最後へ。
<あらすじ>
 色と欲が行き交う花街。没落した伯爵家の末裔・雨宮水帆は
 借金返済のために遊郭へ売られてしまう。
 失意の水帆の前に現れたのは、かつての家庭教師であり、
 水帆が密かに恋慕っていた一佳(いちか)。
 七年前、突然に姿を消した一佳は、
 今や速水財閥の次期総帥に成り上がっていた。
 偶然の再会に水帆は無邪気に喜ぶが、
 一佳は何故か冷淡な微笑を見せ、
 俺は世界で一番お前が憎かったと言い放つ。
 しかも水揚げ客として一佳が水帆を買うというのだ。
 呆然とする水帆は強引に褥に組み敷かれ、
 泣きながら惨い愛撫に乱れる・・・・切なくも淫らな遊郭恋愛譚。  

いかにも、な設定ですねー。いいですね~。
好きですよ、こういういかにもっていうの。
高貴な身分の何も知らない初心な子が、
遊郭に売り飛ばされて無理やり褥に押し付けられる。
水揚げをされる相手は、何年も行方のしれなかった初恋の相手。
しかも、自分を裏切って突然姿を消した上、
再会したときには、怜悧な悪意を向けられる。
それでも初心なままで、初恋の人を思い続けて。
最後は結局打ち解けてめでたしめでたし、仲良しH。
先が読めるので、変な安心感があって、
エロな部分も、余分なこと考えずにニヤニヤできます。
(↑ 我ながらヒドイな・・・・

揚羽@水帆は、どんな酷い目にあっても、
ずっと一佳への気持ちを貫きます。
弱いけれど、必死で頑張ってる。
まわりの苛めにあっても、愚痴ひとつこぼさず、
一佳から届けられる毎日の贈り物を心の拠りどころにして、
再会までの七年間、待ち続けたときと同じように、
一佳が自分を許してくれるのを待っている。
再び優しいお兄ちゃんになるのを待ち続けるのです。

一方、お兄ちゃん@一佳は、憎い相手の子供に懐かれるのが苦痛で、
その子、水帆の前から突然姿を消すという過去がある。
母を、自分を苦しめた相手を見返すため、
汚いことにも手を染めながら、今の地位を築き、
そして再び水帆の前に現れる。
「可愛がられて、好かれていると思っていたお兄ちゃんに、
突然何も言わず姿を消されて、すっかり恨まれているだろう」
という予想に反して、水帆はまだ自分を「お兄ちゃん」と呼ぶ。
色子にまで身を堕とされても、純粋な心を持ち、好意をよせてくる。
そんなことに驚きつつも、かえってそれが憎悪を増し、
水帆に辛くあたろうとするのだが、
水帆の一途さに、懸命さに、心が揺らいでいく。
何より、本当は一佳自身が水帆のことが忘れられず、
いとおしいと思っているから・・・・・

一佳の揺れ動く心が、すごく伝わってきました。
水帆の源氏名を「揚羽」にしたことも、
雪の中の見送りを、風邪をひきやすい水帆にさせなかったことも、
親友・朝倉主催の宴で、度を越した朝倉の悪ふざけから、
冷たい言葉を浴びせかけることで、逃がそうとしたことも、
結局は一佳の中に、
昔のままの優しいお兄ちゃんが存在していたからでしょう。
最後は自分の気持ちに素直になれてよかったな、と。

水帆が、お酒と媚薬のせいで熱る体を
一佳が優しく慰めてくれた日の翌日、大門まで送る道すがら、
一杯の飴湯を一佳に買ってもらうところのくだりが、好きです。
さりげなく。暖かく。

でもその辺りから、展開が速くなり切なさも増します。
そして、朝倉さん、いい人!!!
ちょっといい人すぎないか?ってくらい。
一佳の古くからの友人で、色んな事情も知っている。
途中、水帆に対して酷いこともしようとしたけれど、
本当に水帆のことを気にいって、自ら身請けをしたにもかかわらず、
最後は、ちょっ、一佳に手渡しちゃうの?!
いい人すぎます。っていうか、ありえない・・・・・
大金持ちの考えることはさっぱりわかりません

それから、もう一人のサブキャラ、翡翠がいい!
櫻花楼の先輩色子かと思えば、実はもうすでに身請け済み。
売れっ子だった翡翠は、あちこちから身請けの話があったにもかかわらず、
断り続け、本当に好きな人に身請けしてもらい、廓を出た。
ところが、その人がすぐに亡くなってしまい、一人ぼっちに。
昔の楽しかった頃が懐かしくて、
その頃の思いに浸りたくて、自ら櫻花楼に出向いているという。
でもそんなことは、全くおくびにも出さず、
爽やかに、時に厳しく接してくれる。
「会いたい人に会えない」辛さがわかるから、
水帆のことがほっておけなかった翡翠。
先にCDで岸尾くんの声を聴いちゃたせいもあるのかな?
グッときちゃいました。
願わくば、彼の濡れ場も読みたい・・・・

全体的にエロ多め!
何にも知らない初心な子に、あんなことやこんなことを、
手取り足取り、かなり強引に覚えさせていきます。
結構「無理やり」感があったし、一佳の言葉攻めにいたぶられたりして、
私の好みではありました!

というわけで、水帆の一途さが、◎なお話でした。



さて、CDの感想ですが、

よっちん!!!

なんというショタ声なんですかっ・・・・
一瞬これは、ひょっとしたらダメかも・・・と思ったのですが、
最後にはすっかり病みつきになっておりました、ハハ。
ガンダムマイスター、何やってんの!
(そういえば、翡翠と無理やりキスする時、「行きます!」と言ったぞ)
ひらりんの低い攻め声にもほれぼれしながらも、
よっちんにもやられました。
この二人のおかげで、原作のエロさが倍増、
いえ、何倍にもなりまして。

「ごめんなさい、ごめんなさい、もう許して・・・・っ」
「お前の初めての男だ。一生忘れないよう、心と体に刻み込めよ」

ひえ~、もう、こっちが勘弁してよ!と言いたいっ!
といいつつ、何回も聞いている私・・・・、アホだ。
よっちんの「お兄ちゃんっ!」が耳について離れません
存外ベタな設定なのに、声優さんたちの演技がお上手なので、
ついつい引き込まれ、聞き入ってしまいます。
よっちんが、こんなにうまいとは思いませんでした。(ごめんなさい)
岸尾くんも先輩色子役が、適役でしたね。
最近聞く岸尾くんは、「あたり」が多いです。

こういうエローいCDは、難しいことを考えたくない時とか、
嫌なことがあった時とかに、とっても役立ちそうです♪
BLは心の友であり、癒しであり・・・・・
栄養補給剤だったり、精神安定剤だったり、
鎮痛剤だったり、興奮剤だったり・・・・おっとっと、
いやぁ、ほんとにBLって、心のお薬ですよね!

あと、全くの余談ですが、一佳が読んでいた本が
「モンテ・クリスト伯」というところに、ちょっとニンマリしてしまいました。
(だって平川くん、アニメ「巌窟王」にフランツ役出てたんだもん)



>あ○○○○んさん、お返事遅くなりすみません!
いいですね~、ご近所にお仲間がいるっていうのは!!
共通の話題を、直接話すことができるのがいい。
それにその方法だと、出費が半減されて、
うらやましいかぎりです。

「捕獲者」ですね、題名だけは何度か見たことあります。
これ、ゆうきゃん攻めだったんですね。
チャンスがあったら是非聞きたい!
私もブシドーの声好きです。
中村さんの中では確かに低いほうの声ですよね。
でも、ガンダム00も終わっちゃいますね・・・(涙)


関連記事

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

蓮さん、ごめんなさい!!
蓮さん、コメントありがとうございました。
なのに、私ときたら、他のコメントと間違えて
うっかり削除してしまったのです!
本当に申し訳ありませんっ<m(__)m>
せっかくのコメントだったというのに・・・・。
おバカでお恥ずかしい限りです。

リンクの件、了解でございます。
こちらこそリンクさせていただければすごく嬉しいです。
これからもよろしくお願いします!!
「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。