*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン <Unit Vanilla>
昨日、「密林の覇者」をUPしたあと、
他のサイトさんをめぐってレビューを見てきたのですが、
え、結構「密林~」おもしろかったという感想が多い?
私、ダメだったと書いたのですが、
ひょっとしてみんなとズレてるかしらん?
うっ・・・・・・この「胡蝶の誘惑」も、みなさんとはズレている気がしてきたぞ・・・・
なんかすごく、斜め下あたりをいってるかも!
まあ、それが私なので。
興味があればお読みくださいませ!

胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン (SHYノベルズ) (SHYノベルズ)胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン (SHYノベルズ) (SHYノベルズ)
(2008/11/27)
Unit Vanilla

商品詳細を見る
★★★★☆

色んな意味でおもしろかったです。
私、何度も涙ぐみながら、胸を『ズクンッ』とさせながら読んだのですが、
それって、おかしいですか?変ですか?
みなさんは、泣きませんでしたか?
本当は、笑いながら、ツッコミながら読むのかな?

↓ネタバレあり注意! 続きから。

拍手ありがとうございます♪
<あらすじ> 
 「あなたはこの幸運を受け入れたほうがいい。
 ほんの数時間で苦しみから解放される」
 製薬会社ヨーゼアに勤める叶野史生は、妄想癖のある熱心な研究生だ。
 ある秋の夜、いきなり見知らぬ外国人が家を訪ねてきた。
 褐色の肌に端正な容貌の彼、グレッグ・メイヤーは、初対面にもかかわらず、
 叶野の持病を自分に治療させるよう主張してきた。
 いったいどうして?わけがわからず怯える叶野を
 グレッグはなんとか説得しようとするのだが、
 叶野が偶然つくりだしたある薬のせいで
 事態は思いがけない展開になり・・・・!? 
 傷つきやすい大人たちが手に入れた真実の愛とは!?
 
アーサーズ・ガーディアンのシリーズ三作目。
この三作の中では、この「胡蝶の誘惑」が、一番よかったかなー。
一番突拍子もない話だったけど!!
だって、研究オタクで真面目な妄想好きな青年がいて、
その青年は、人には言えないひどい「痔」で苦しんでいたのだけれど、
あるとき突然、肌の黒い外国人の医者がやってきて、
「私はあなたの手術をするためにやってきた。金銭的な負担は一切ない」という。
どんな設定!?
それ、誰が「はいそうですか」って受け入れるのでしょうか・・・・
それにBLなのに、BLなのに 「痔」って・・・・
設定は「ありえなーい」のに、そこんとこ妙にリアル感が。

とうとう出てきたグレッグ・メイヤー。
「硝子の騎士」 「密林の覇者」にも名前が出てて、
私の中では、この人はガーディアンの中で別格扱いの人だったのだけれど、
今回は普通に登場してミッションしてました。
グレッグの物事や感情のとらえ方が、いかにも外国人ぽく、
叶野が(一昔前の)日本人の典型みたいで、
そりゃあ二人はなかなかかみ合わないですよ。

で、やっぱりこの巻も、ラブコメとは思えなくて。
確かに設定はお笑いだけど、二人の感情の行き違いとかが多くて、
読んでて何度もウルウルした私。
最初は、叶野が栗原夫妻宅で、グレッグと再会し、
酷いことを言ったお詫びにと、浴衣を渡すところ。
本当に申し訳ないという気持ちを伝えたくてしたことなのに、
「物で解決するしようとすることが、私を更に侮辱している」と、逆効果に。
その時の叶野の気持ち・・・「更に自分が失礼なことをしてしまった。
イヤな思いをさせてしまった。そんなつもりじゃなかった。
でも相手には伝わってない。それもこれも自分が悪いんだ。
言い訳することじゃない。」云々、グルグル頭の中をめぐる思い。
それが手に取るようにわかってしまうから、辛かったです。

グレッグが叶野を診察するために
「あなたの家に行ってもいいか」と聞いてきたのを、
たくましい想像力のせいで、自分に恋愛感情を持っていると勘違いした叶野。
そのつもりでずっと会話してて、最後の最後に自分が間違っていることを
知った時の気まずい思い。
そのせいで、それまでの受け答えを一変させてしまい、
怒らせたグレッグに責められているときの心情。
好かれていると勘違いして誘ったら、違ってた・・・といういたたまれない気持ち。
などなど、書き出したらキリがないくらい行き違いが多かったのですが、
そういった部分が、ことの前後を含めて、叶野の気持ちを細かく描写してあって、
私はその度、叶野にシンクロして泣いてましたよ・・・・
船の中で、間違って飲んだ薬の作用で、
妄想と現実がごっちゃになってたエッチシーンも、
笑うべきところなのでしょうが、私は笑うよりも成り行きが心配で
(あーこれ、絶対あとで素に戻ったとき、辛い思いするよ~)
それどころではなかったです・・・・はい。

叶野の「妄想」に関して、確かにセックスしてるところなんか、
すごい妄想だなあと思うけど、それ以外の部分は、
想像力が豊かすぎる、かなりの空想好きっていう程度にも思えます。
というのは、私も似たような部分を持っているから・・・・
(えっ、もしかして私も妄想癖だったのか!?)
最近でこそ、そういうことに時間を割くことはめっきり少なくなりましたけどね。
もちろん、空想がすぎるあまり、
叶野みたいにトリップしちゃうなんてことはないですけど(^_^;)
悲しいこと想像していくうちに実際に泣いちゃったことなら何度もありますよ・・・ハハ。
だから共感できる部分がたくさんあって、余計に「笑う」というより、
鬱々と入り込んで、ラブコメには思えなかったのかなー、と思ったり。
でも、相手が自分のことを好きなんじゃないかって何度も誤解してたのは、
やっぱり「妄想」のなせるワザなのかな~??
空想なら空想で終わるもんね。

研究所の内田くんなんかに恋愛相談なんかしちゃって
アソコの写メ撮って見せたり、
通販会社の梱包ミスで間違って届いたゲイのDVD(別のゲイDVDがほしかった)が、
グレッグに見つかり「こういうのが好きなのか?」と誤解されたり、
変なスパイスがところどころ盛り込まれてて、
そういうところは確かにおかしかったですけどね。笑いころげるまではないですが。

最終的には、手術をしたらめでたく合体かなーと思っていたら、
そうすんなりはいかなくて、少し切なさをプラスしてくれてました。
その辺りは結構好きです。

ところで、叶野の手術をすることになった理由というか、
依頼者は一体誰なんだろうと、ずっと思いながら読んでたら、
そうか、そうだったのかー。
内容が突飛だったし、読ませる文章だったので、
そこをあまり追求してなかったので、最後まで気が付かなかった情けない私です。

エッチ部分は、まあ普通でした。(え)
船内での妄想がらみエッチがすっごい誘い受けだったので、
最後のエッチシーンは、そのときとのテンションの違いに戸惑うグレッグとか、
かわいい(?)叶野とか、それなりにそれなりに。
「いっ、入れたら気持ちよくて、死ぬかもしれない」と
真剣に訴える叶野には笑いました。(やっと)

ちょっと複雑で、人の態度で「怖い」と感じるところがいくつかあったので、
木原さんかな、木原さんかな、なんて。
まだ4作目を読んでないし、4人の中で、ひちわゆかさんの作品だけ読んだことがないので、
はっきりとはわからないのですけれども。
こういうの、「誰かな~」って推理するのも、結構楽しいですね☆
次は最後のミッション、「追憶の獅子」です。
まだ手元にないので、いつになるのかわかりませんが、
感想も書きたいと思ってます。


★「アーサーズ・ガーディアン」シリーズ感想はこちら
  
  硝子の騎士 アーサーズ・ガーディアン  
  密林の覇者 アーサーズ・ガーディアン
  追憶の獅子 アーサーズ・ガーディアン


関連記事

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。