*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すべてはこの夜に <英田サキ>
すべてはこの夜に (CROSS NOVELS)すべてはこの夜に (CROSS NOVELS)
(2007/10)
英田 サキ

商品詳細を見る

★★★★☆

英田さん、デビュー前の作品+書下ろしです。
「すべてはこの夜に」「夏の花」「春宵一刻」の
三篇からなるのですが、
私は「夏の花」が特に好きになりました。
「すべては~」に出てくるサブキャラの
若かりし頃の話で、静かでいいお話です。
「春宵一刻」の中に、その後の話も少し出ていて、
より切なくなってしまいました・・・・

↓ネタバレあり注意!


「選ばせてやるよ・・・このまま撃たれて死ぬか、
俺に縋って土下座で許しを乞うか」
平凡な生活から一転。熾烈な借金地獄に堕ちた加持に
残された道は『ある男を撃つ事』。
だが、狙いを定めた先に現れたのは、
忌まわしい過去の男・湊だった。
端正な顔立ちの男は十年の時を経て、
冷酷な雰囲気を纏う極道になっていた。
そして、捕らわれた加持は凌辱されてしまう。
与えられる痛みの中に 昔と変わらぬ
執着の色を感じた加持は戸惑い・・・・・!?

英田さんの文章は、もともと私にとって
すごく読みやすい文章で、「すべては~」は
特にデビュー前ということで、より簡潔で
分かりやすかった気がします。
稚拙という意味ではなく
(プロの作家さんに対して決してそんなことは言いません!)
やたらに難しい言葉を使わず、シンプルで、
スポンジが水を吸うように、自然に入り込んできます。

大学時代、つきあってはいても
少しも心が満たされない関係に疲れ、
湊を遠ざけようとした加持。
そこから始まる不幸な出来事で、お互い深く傷つき別れ、
その過去に囚われ続けていた二人。
憎しみあっているとばかり思っていた加持が、
自分が湊を憎んでいないことに気付く。
憎んでいないどころか、過去の悲しい出来事は
自分の狡さが招いたもの。全て湊のせいにしていたのは
間違いだった、自分自身のせいだ、とも。
そして今、またそばにいたいという気持ちを
湊にぶつけようとするが、なかなか心を開かない湊には
受け入れられない。
でも最後には、湊はずっと加持を思い続けていたことがわかり、
再び、いや、今度こそ本当に愛し合う。

「憎しみでもいいから、お前の心に存在していたかった」
とても愛しているからこその想いでしょうけど、
思われる方、憎み続けなければいけない者は
たまったもんじゃないと思うんだけどね。
実際、加持はそのために辛い日々を送ってきたわけだし。

この話の結末は、ちょっと変わってます。
BLにしては(数少ない私のBL経験の中では)
珍しい終わり方です。
えー、この後どうなるのー?と気になりつつ、
それほど悲壮感は感じませんでした。
最後加持が 強い気持ちを口に出していたせいかな?
そして、それは3本目の書き下ろしで解決しました。
よかった・・・・

2本目の「夏の花」。
1本目のわきキャラ武井靖之は、
一度だけ同性を好きになった過去が。
若かりし頃の武井の話なのですが、切なく、そしてほのぼのとしていました。
ヤクザである武井と、亡くなった武井の姉の夫、鈴原亮一との
ゆっくり、そっと進む恋の話です。
男同士の、それも刑務所から出所したばかりのヤクザと、
その義理の兄との話とくれば、ドロドログダグダしそうですが、
静かで優しい時間が過ぎていきます。
か細くて、儚くて、優しい線香花火が
この恋をより切なく表現していました。

そして3本目「春宵一刻」
さすがに何年も経ってからの書下ろしなので、
前二作より、大きくおおらかに、広い視点で
えがかれているように感じました。
ワンコのように可愛くなってしまった湊と
(多分本人は気付いてない)
加持の、結局はラブラブストーリー。

私にとってのポイントは2つ。
一つは「あ~よかった、加持!ほんとによかった!」
「すべてはこの夜に」のその後がわかって安心したこと。
そしてもう一つは、「夏の花」のその後がわかったこと。
武井と鈴原亮一の未来はショックでした。
静かで優しい愛だったので、余計に儚く、切なくなってしまいました・・・・
いつか、武井の密かな願いが叶いますように。


関連記事

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。