*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
罪深き誓約―Rough Trade〈2〉 <暁由宇>
罪深き誓約―Rough Trade〈2〉 (アイノベルズ)罪深き誓約―Rough Trade〈2〉 (アイノベルズ)
(2002/01)
暁 由宇

商品詳細を見る
★★★★☆

新刊本の感想をかきたいなーと思いつつも、今回はコレ。
とりあえず、考えさせられた内容だったのでUP。
読書メーターでコメントしたものにちょっと加えたものになってます。
SMが題材になってるので人を選ぶかも。
なお、一部不謹慎な発言を含みますので、
(こんなところに来ているはずはないでしょうが念のため)健全な青少年諸君、
そして、感想を書く上での個人的な戯言とご判断いただけない方は、
「続き」を開かないで下さいね!

↓↓ネタバレあり注意!続きから。↓↓(拍手お礼・お返事の下です)


変則的ですが、ここで、
◆拍手&コメントありがとうございました ♪
お返事です。

mさん、こんにちは。

今は大好きなシリーズですが、そのお気持ちわかります!
特に第1巻は私も読むのしんどかったです。
イラストも、見るたびに顔が変わってるのがちょっと気にな・・・・・コホッ。
コミックスも描いていらっしゃるようなので、
そちらはよいのでしょうかねー?一度読んでみたいと思ってます。

別サイトの件、了解しました!!
早速おジャマして、mさんの才能に目がくらみそうです・・・眩しい!

>あるとさんにはモロモロばらしてますが、これが最後です(笑)
本当に最後ですね?もう隠していませんね?(笑)

コメントありがとうございました♪

では、罪深き誓約の感想は続きから。↓↓


<あらすじ>
 長い間探し続け、ようやく見つけたご主人様・・・
 それは嗜虐に抵抗のある 「S」だった。
 普段は傲岸不遜な 「M」の譲は、そんな彼・聡に申し訳なさを覚えつつも、
 やはり支配されることを望んでしまう。
 自分を罰しながら昂揚していくときの彼は
 とても魅力的だったし、譲はそのすべてを愛していたから・・・・。
 「私は、聡さんの快楽に仕えるために、いるんです」
 譲はそれまで何度も口にした言葉を、その夜も繰り返した・・・・。

 
私は全く知らずに読んでしまったのですが、
この「罪深き誓約」は続編だったようで、
「快楽の支配者」というのが、最初のお話だそうです。
そちらは「M」による「S」育成ストーリー。
いずれそちらも読みたいと思ってます。

作品自体は2002年2月の初版なの新しいものではありません。
普段読むBLも、甘いものだけでなく、
切ないものや痛いものなど、色々読むのですが、
今回はちょっと毛色がかわっていたような気がします。
SMというものをちょっと真剣に考えたというか・・・・

突然ですが、
『あくまでも』性行為で考えた時、SかMかどっちかに分類しろと言われたら、
自分はどっちだろうと考えました。
この本を読む前だったら、
「たぶんSではない、無理に選ぶのならM寄りなんだろう」と答えたと思います。
でも読み終わった今は、ちょっと考えを改めました。

嗜虐と被虐、
たぶん人は誰しもその両方を持ち合わせているのだと思います。
そしてそれは、性行為であるかないかに関わらずです。
ただ単に、嗜虐側 ・被虐側の、
よりどちらに偏っているか、どれほど強いか、
バランスがとれているのか、の違いなのだと。
加えて、それが表出しているか否か。
自覚をしているかどうかも、大切な部分です。
なにぶん、相手があっての性質なので、
人によってはひょっとしたら、自分の本質を知らぬまま
人生を終えるのかもしれません。

この本を読んでいると、
SMは必ずしもSEXをともなうものではないと思わされます。
受けである譲は、体の関係がなくても
聡をご主人様として、一生奴隷としてそばにいたいと考えているのです。
もちろん、性行為によって得られる快楽が必要ないというわけではないのですが、
譲の場合は、心を縛られていたいという思いが強いのです。
だから、もともと自分の本質に戸惑う聡から、
なんとか「S」の部分を引き出し、
自分の望むご主人様として育成(?)していっても、
根っこの部分で不安を隠せなかった・・・・・

でも、心のつながりが確信できたとき、
それはこの上ない幸福に変わる。
そしてその時、譲は「誓約書」を書いたのです。
決して破られない誓い。
譲は一生、聡の奴隷であると。いかなる命令にも従うと。
たとえ聡が自分を捨てたとしても。
その気持ちこそが「M」なんですよね・・・・・

本の中で、実際にムチで叩いたり、拘束したりと、
SMな場面がでてきます。
まだまだ「S」になりきること、自分の嗜虐性を認めることに抵抗を感じる聡が、
それでも少しずつ理解し「ご主人様」になっていく。
お互いに確かめながら、関係を深めていくところが、
とても興味深く思いました。
そして、そこにいたるまでの二人はもどかしく切ないです。
お話が、譲視点、聡視点と交互にくるので、どちらの気持ちもわかるため
なおさらでした。

好奇心旺盛な私は、
「ムチで叩かれたどんな感じ?痛いよねえ?」とか、
「拘束されたどんな気持ちになるのだろう」とか、
「命令されたり、罵倒されたりって・・・」くらいのことは
平然と考えることができるのですが、
(・・・・いくら好奇心旺盛でも、考えすぎ・・・!?)
一つだけ、
タバコの火を皮膚に押し付けるところだけは、
「無理!絶対無理!ありえなーい!」と考えていたわけです。
ところが先日。
仕事のお疲れ会で集まりがあったのですが、
その時隣に座っていた同僚が、タバコを吸わない私に気遣って、
わざと灰皿を、座っている後に置いたのですよ。煙がこないように。
ところが、超どんくさい私はそのことに気が付かず、
何気に腕を後にもたれかけさせたわけです。
その瞬間、「熱っ!」と私の腕に熱感が・・・!
タバコの火を、自ら押し付けてしまったわけです。
すぐに冷やしたので大事にはいたらなかったのですが、
しばらくするとじわじわと痛みが。
でも、実際に押し付けた時は、一瞬だったせいもあるけれど、
それほど酷い熱さや痛みじゃなかたんですよね。
ぎゅっと強く押し付けるわけでも、長かったわけでもないし。
で、その時思ったのが、この「罪深き誓約」のこと。
「これなんだ・・・・・」などと。
そんな時に、そんなところで、
そんなことを考えている私というのもなんですが(爆)
でも私にとっては、貴重な体験・発見でした。
(2週間経ちますが、まだ傷跡しっかり残ってます)

 誤解のないように書き加えさせていただきますが、
 これはあくまでも、お互いが納得した上での、
 「SM」というカテゴリーの中での行為であって、
 こういったことを、虐めの道具に使う人たちを、
 私は絶対に許しません。


今回「M」側よりの考えでの感想になりましたが、
「S」側の気持ちも、自分の中にもあるかもしれないことを
覚えておこうと思います。

嗜虐と被虐。
それぞれは性行為であるかないかに関わらず全く同じものはなく、
お互いにカッチリとかみ合う相手を見つけるのはすごく難しいのでしょう。
そういう意味でこのお話の澤崎と能代は幸せなのですね。
二人のここまでにいたる関係を描いた前作、
「快楽の支配者」も、読みたいと思います。
他にもこういう類の話があれば、
もっと読んで追求してみたいと思わされたお話でした。



テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。