*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラマCD FLESH&BLOOD 7
ず~っとほったらかしにしていたF&B CD感想。
他にも書いておきたい小説感想もかなりたまってますが、
ここらでちょいとCDの感想を。

◆拍手ありがとうございました!
宮廷神官物語 「王子の証と世継の剣」<榎田ユウリ>
エマニア~月の都へ 英国妖異譚(20) <篠原美季>
やすらかな夜のための寓話 <崎谷はるひ>
への拍手
ありがとうございます。♪
拍手コメントお礼はそれぞれの記事コメント欄をのぞいて下さいね。

ルボー・サウンドコレクション ドラマCD FLESH&BLOOD 7ルボー・サウンドコレクション ドラマCD FLESH&BLOOD 7
(2009/12/23)
イメージ・アルバム福山潤

商品詳細を見る


待ちに待った第7巻!!

ほんとにネタバレしてますのでご注意下さいね。
それから、小説を読んでいること前提で書かせていただいてますので、
詳しいあらすじもありませんし、話が前後したり、
意味がわからないところもあるかもしれません。
そしてやたら無駄に長文です・・・・
先に謝っておきます、ごめんなさい!

では、★ネタバレあり ↓ 続き(read more)から。


<あらすじ>
 プリマスに帰ったら、初めての一夜を共にする──。
 ジェフリーとの暗黙の約束を胸に秘め、やっと母港に帰還した海斗(かいと)達。
 いよいよ近づく時に緊張する海斗に、ジェフリーはある物を手渡す。
 それはなくしたと思っていた、懐かしい和哉(かずや)の写真だった!! 
 「ごめん、和哉。たとえ帰り方がわかったとしても、もう二度と戻らない」
 決意した海斗は、ついにジェフリーに抱かれるが…!?


待ちにまった7巻でしたね~。(そのわりに感想UPが遅すぎ(^^ゞ)
始まりは和哉。いわゆる並行世界の現実を
夢で見ているような状況から語られていきますが、
こんなイライラした和哉は見た事がない。
怒っている演技がすごくて、小説よりもリアル!
ちょ、和哉、だ、大丈夫!?そんなに怒らないで・・・と思わずつぶやきそうに。
でも反対に、和哉の母親役の演技がどうも好みじゃなくて、
母親の声が聞こえてくるとちょっとしらけちゃって残念でした。
和哉の「オレが悪い」発言に
「お前のせいじゃない!本当に悪いのは あと先考えずに
トンネルに手を突っ込んだオレだ!」と海斗が叫んだ時、

「そのとおりだよ!!」

と思わずツッコンだのは私だけではないはず!
小説の時はそれほどでもなかったんだけど・・・・そりゃそうか~、
今の私はその後のとんでもない状況を知っているんだもんねー。
7巻読んだ時より強く思って当たり前だよ。
あ~、ほんと、海斗のバカ!!

その後メインは、プリマスへ帰る船上での出来事となり、
海斗がブッカブーを見つけてしまうところになりますが、
たまたま夜中に一人で(当たり前)ヘッドホンで聞いていたので、
やたらに怖かった・・・「ここだよ~」の声が特にね。
でも、そのあとはジェフリーと海斗の会話や、
ジェフリーとナイジェルとの会話をじっくり楽しみました。
ジェフリーがナイジェルに叱られてシュンとしてるところいいな~。
諏訪部さんが、ちょっと子どもっぽいジェフリーを、
小西さんが、お母さんみたいなナイジェルを好演!?
「お前にガミガミ言われるのが好きなんだ」って、
何デレてるんだか!
まだこの時点では、二人の友情は何があっても揺るがないものだったのですけどね・・・・

今回は、結構ジェフリーの語りが多いのですが、思わず聞き込んでしまいます。
なんとも上手い!単にセリフしゃべってるだけでもお上手なのは当たり前だけど、
回想シーンなんかで一人語りなんかしてるところは、本当に聞き惚れてしまう!
そして毎度思うことですけど、べ様の声、
エチシーンでは普通・・・いや普通じゃないけど、
まあそれなりであるわけですよ。それよりも、何でもないフツーの言葉がどうしてこう、
ドキドキさせるほど色っぽいんでしょうかねぇ。
BLCDはヘッドホン推奨ですが、べ様の声はマジで腰にくるので、要注意!?
でもでも、ジェフリーがべ様でよかった♪


続いてDISC1から2へ。

さあいよいよ!!ヽ(≧▽≦)ノ ←←←すごい期待感(笑)

やっとプリマスに戻り、ジェフリーと二人きりの時間を、
まず入浴というシチュエーションで過ごす海斗。
BLシーンとしてはどうってことのない、まるで初心者向けの状況だし、
BLCDマイスター(!?)な二人にしてみれば、鼻歌交じりの軽~いノリで
いけちゃうくらい楽勝シーンなんでしょうけど、
いや、海斗の声がかわいくて、ドキドキ・キラキラしちゃってもうっ!!
なんでこんなことで興奮してるの私。
もっとすごいCDだって聞いてるじゃん。
ただ湯船に浸かって、キスしたり、ちょっとばかりちょっかい出してるだけじゃん!
まあF&B7巻にしてやっと訪れた濡れ場(?)ということで、
待ちすぎて待ちすぎて、ついつい前のめりになってる私にも原因はあるわけですが^_^;
でもでも、まだもう少しありますからね、
こんなところで焦って鼻出血押さえてる場合じゃないんですってば。

入浴を終え、暖炉の前でジェフリーから財布を返してもらう場面。
ジェフリーとともに生きていこうという海斗。
そう、7巻はジェフリーの信頼に応え、この世界に残る決心をする巻だったんですね。
海斗の「あんたは俺に何をしてほしい?」という言葉に答えた、
「好きでいてくれればいい」というジェフリーの声は、
優しくて実感がこもってて、海斗がすごく羨ましかったな・・・

そしていよいよお待ちかねの・・・!!!
さっきの入浴シーンもそうだけど、ここのシーンだって、
もっと激しくてエロ~いのも聞いたことあるんだから平気なはずなのに、
初めての子に手取り足取りって感じで、聞いてる方が恥ずかしくなってくる。
「指よりいいか?」
「もうだめ?」
ひぇ、ひぇ~~ヽ(〃∀〃)ノ 海斗と一緒にオロオロしてしまう!
海斗も初めてだけど、ヴァージンには手を出さない主義のジェフリーにとっても、
初めての経験ですからね、ドキドキワクワクでございました!
べ様の優しく、でも甘すぎない声と、
じゅんじゅんのやんちゃだけどカワイイ声が、
お互いの初体験を上品に(!?)仕上げて下さいました。
ごちそうさま~♪(って結局最後まではいたしてないんですけどね^_^;)
あ、ただ、「天使と呼ばれているものがいるとしたら、それはおまえだ」
「こんなことする天使はいないよ」のセリフが好きだったので、
なかったのは残念でした。


そーしーてー!!

リリーが海斗と同じく、未来からきた人間と知り衝撃を受けるシーンを
じっくり聞いたあと、とりあえず、一旦CD止めましたよ。
だってここからですよ、ここから。スペイン編突入の前章になる、
ホーの丘へ向かうナイジェルと海斗。
あ~~~、このあと~~~と、その後に起こるあれやこれやに想いをめぐらしたら、
怖くて聞けないじゃないですか!
いや、そんなこと言ってる場合じゃない。
ナイジェルとのキスシーンやら、男前ビセンテの登場やら、
覚悟を決めて聞かなくちゃ!
てなわけで、再生開始。

リリーに後押しされたこともあった、ジェフリーにも内緒で
ホーの丘へ向かう海斗。あー、とうとう行っちゃったよ(>_<)
相変わらず好奇心旺盛な海斗は、お祭りの様子を見てみたくて、
馬車を出してくれてるサムに寄り道を頼む・・・
この好奇心が仇になるわけで。
こっそり出かけたにもかかわらず、途中うっかりナイジェルに見つかり、
ホーの丘へはナイジェルと二人で行くことになるのですが、
これがまた運命を変える原因になっちゃうのよね(涙)
その時ナイジェルが海斗に向かって発した言葉、
「一瞬の油断が永遠に続く後悔を生みだすこともある」って、
まさしくそのとおりじゃん!!
言った本人が油断してんじゃん!

ナイジェル自身が海斗に気を取られ油断したばかりに・・・・

優しいナイジェル、小説14巻でもおバカな行動に出た彼ですが、
こんなとこでもついうっかり、海斗の唇に気をとられ!
ホーの丘でまどろむ海斗に口づけ、隠していた恋情を知られてしまうナイジェル。
海斗が目を覚ました時の心のつぶやき
「俺を見おろす灰青色の目・・・」
『灰青色』って「はいあおいろ」って読むのね~
私てっきり「カイセイショク」だと思い込んでいた(>_<)
(あれ?前にも出てきているよね?確か)
そんなこんなしているうちに、とうとう登場のビセンテ。

ナイジェルは、彼らを足止めして海斗を逃がすのですが、
海斗はナイジェルを助けるため舞い戻る。
「ヴィンセント!ナイジェルを殺したらオレも死ぬからなっ!」
「ナイジェルを助けて。助けてくれたら、あなたと一緒に行く」
その後のくだりは、泣けました。
だいたいね、海斗が首に剣の刃に押しつけて血が流れるところとか、
効果音付けないでよ~!(いや、しょうがないけど)
リアルでちょっと怖かったし。
でもビセンテの『誓い』の場面はカッコよかった~(*^_^*)
こういうところはやっぱりCDならではですね!
そして物語の終わりは「ブチッ」・・・唐突に終わりです。
原作どおりだからしょうがないけど、ちょ、続きはっ!
すぐ続きを聞きたくなる~!と、待ちきれない気持ちにさせられました。

最後に、リリーの声。結構よかったです。
今後まだまだ活躍の場が用意されている重要な役ですからね。
心地よく聞ける演技でよかった~!
(和哉のママ役がいまいちだったので、ちょっと不安でした・・・)

フレブラ7巻、ほぼ小説通りで満足な2枚組。
次は8・9巻まとめて感想にしようかな。
なんとか小説の15巻発売前には感想書かなくちゃ!
書きたいな・・・書けるかな・・・





ブログ内関連記事】

FLESH & BLOOD 16 <松岡なつき>
FLESH & BLOOD 15 <松岡なつき>
FLESH & BLOOD 14 <松岡なつき>
読了。
FLESH & BLOOD 13 <松岡なつき>
「再会」FLESH & BLOOD 12 限定版小冊子
FLESH & BLOOD 12 限定版
「FLESH&BLOOD」シリーズ特別フェア&「FLESH&BLOOD 5」CDジャケット
待ち遠しいよ~。「FLESH & BLOOD 12巻」

【ブログ内関連カテゴリ】
BLCD FLESH&BLOOD

関連記事

テーマ : ボーイズラブ
ジャンル : アニメ・コミック

Secret
(非公開コメント受付中)

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。