*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月の読書メーターまとめ
ご、ご無沙汰でございまする
全然更新してなくて、本っ当に申し訳ありません。
本人はやる気満々なのですが、諸事情により更新がかなわない日々が続いています。
それでもご訪問して下さるみなさま、ありがとうございます!!
本当に本当に嬉しいです。感謝の気持ちでいっぱいです。
遊びに来て下さる方々がいらっしゃるという事実だけで、私は涙が出そうです。
今後も超のんびりペースですが、どうか忘れないでやって下さいm(__)m

さて、毎月おなじみ読書メーターまとめです。月半ばになってしまいましたが、
なんとかUPにこぎつけました。
先月はコミックス含めて27冊、ここのところの通常ペースです。
「本を読む時間はあるんじゃーん!」
なんて言わないで下さいね
本は比較的どこでも短時間でも読めるので、いつも持ち歩いて細切れで読んでます。
運転しながら・・・と言っても運転中はもちろん読みませんよ!
信号で止まってる間に2~3行だけとか、そんな読み方してます。

そして現在大好きなF&Bの15巻が未読で、非常に焦ってマス。
いい加減読んで感想UPしないと、萌え友さんのサイトをのぞくことすらできなくて
寂しいネット生活になってる・・・。
そろそろ真剣に取り組もう。
神様、どうか私に時間を下さい!!
(本当は、今期のアニメについて――黒執事Ⅱ・伝説の勇者の伝説など――とか、
「イナズマイレブン」の音楽に関してとか、
FF14についてとか、話たいこといっぱいあるんだ・・・)
などとつぶやきつつ、読書メーターまとめ、
★ネタバレあり ↓ 続き(read more)からです。

◆拍手ありがとうございます!

6/26発売 FLESH&BLOOD 15巻 表紙っ!!!
FLESH & BLOOD 14 <松岡なつき>
届いたもの。プチ情報。
への拍手ありがとうございました♪

では、6月読書メーターまとめ、続きからどうぞ!
追記が多いので激ナガかも・・・

      ↓↓↓↓↓



シリーズものは並べた方がいいかと思い、
若干読了日が前後してます。
追記はこの色で書き足してます!

6月の読書メーター
読んだ本の数:27冊
読んだページ数:3409ページ

愛されすぎだというけれど (二見書房 シャレード文庫 な 2-12)愛されすぎだというけれど (二見書房 シャレード文庫 な 2-12)
とりあえずフェアリー(笑)。めっちゃガサツでワイルドな話なのに、別の描き方をすれば、すごく甘々な話になりそうなくらい愛情あふれてる。坂下センセ、最後のエッチで思わず「斑目さん、好き」と言いそうになったでしょ!監禁中、来るはずもないのにホイッスル吹いて「助けて…」は、色んな想いが交錯して辛かったな…。

とにかくおもしろくて一気読み。斑目のことをオヤジオヤジと言うけれど、
私はそんなにオヤジだとは思わないのよね~。
本物のオヤジでもっとバタ臭かったら、私は多分拒否して読めないもん。
そして相変わらず奈良さんの絵が凄過ぎて!
時々「ん?この足はどうなってる?」みたいなのもあったけど、
考えてもよくわかんないので、もういいや。
表紙の端の湯月くんが大事そうに抱えているのが「アルマジロ獣人」なのね(笑)
 
読了日:06月29日 著者:中原 一也


微炭酸恋愛 (GUSH COMICS)微炭酸恋愛 (GUSH COMICS)
心が折れそうな時は、こういう柔らかくて優しいお話に、きゅんとさせられます。

夏休みのキャンプで初めて隆とミチがカラダをつなげた時、
隆があっと言う間にイっちゃったとこがなんだかカワイくて。
それが普通だよな~、隆、気にすることないぞ!なんて、一人で妙に納得してた。
BLって絶倫男が多すぎるもんね(笑)そしてミチがかわいい!
食べちゃいたいくらい(オイオイ)。ほんとに心を和ませていただきました。
 
読了日:06月26日 著者:日の出ハイム


Chara (キャラ) 2010年 08月号 [雑誌]Chara (キャラ) 2010年 08月号 [雑誌]
ええ、そりゃもう全サ目当てですけど、高階佑先生の美麗ピンナップが見れて大満足!

まだ何も全サ応募してませんきっとまた締め切りギリギリになって慌てて応募するんだよな・・・ 
読了日:06月24日 著者:


愛玩人形 (ルナノベルズ)愛玩人形 (ルナノベルズ)
読前、読後のイメージがこんなに違うなんてっ!このぽや〜んとした雰囲気、翻訳ものを読んでるような会話、変にはまってしまった…。受けの背負ってきたもの、新しい自分への変貌を人形に絡ませた、意味のあるいいタイトルだと思います。

いや、ほんとちょっと変わった雰囲気でした。
心のない人形のようだと思われている琴耶、
でもそれには天児という一族の重い枷があったから。
そんな琴耶と日本語の達者なジェラールの会話は、本当にちぐはぐで不思議な空気感。
思いこみが激しくあり得ないくらい積極的なジェラールと関わることで、
閉ざされていた琴耶の心が放たれる様子がおもしろかった。
口絵の右下端に、あの
 「水牛の角で作られた大小様々な張り型」が描かれているのを発見した時は「グッジョブ!」と思いました(笑)
琴耶がパリの街を、花ちゃん(日本人形)背負って自転車で颯爽と駆けぬけるというのをぜひとも挿絵で見たかった!
 
読了日:06月23日 著者:剛 しいら


龍と竜~銀の鱗 (ガッシュ文庫)龍と竜~銀の鱗 (ガッシュ文庫)
もうツッコミたいとこたくさんあるのに、何よ、この家族愛!何よこの親バカ・兄バカ・叔父バカトリオ!!うっかり泣いちゃったじゃないのよ~。みんな好き。竜城も龍一郎も次郎も(←見た目は考慮せず)。そして颯太の破壊力と行く末が恐ろしい…。これはまだまだシリーズ化してもらって続編を追いたいけど無理なのかな?

「龍と竜」三作目。
このシリーズのテーマは「家族愛」以外に何があるというのでしょう。
正真正銘のやくざ絡みのお話なのですが、なんかもう、
父も“母”も息子も叔父も、みんなそれぞれに色んな想いを胸に抱き、
ずっと仲良く家族でいられることを祈ってる。
泣かせていただきました・・・
でもでも、エロはがっつり!!いやあ、このアンバランスがたまりません。
で、やっぱり颯太は将来やくざになっちゃうわけ!?
 
読了日:06月20日 著者:綺月 陣


龍と竜―白露 (ガッシュ文庫)龍と竜―白露 (ガッシュ文庫)
もうめっちゃ夫婦。これはこれでいい!二人の夫婦っぷり、颯太を加えての家族っぷり、竜城の天然?勘違い?っぷりを含めて、一歩間違えれば陳腐にになりかねないところを絶妙にバランスとってるところがさすが。まさかの3P(?)には驚いたけど、すみません、超萌えました・・・。あと、名前を間違えてるとこ(龍一郎の施設時代の部分、龍一郎なのに竜城となってた。一刷のみ?)見つけちゃたのはご愛嬌ってことで。

「龍と竜」二作目。
いや、イラストも含めて、マジで3Pもどきにめっちゃ萌えた私は、
完璧腐ったヤツです。スミマセン。
 
読了日:06月20日 著者:綺月 陣


龍と竜 (ガッシュ文庫)龍と竜 (ガッシュ文庫)
どうも私は綺月陣さんが好きなようだ!一言ももらしたくないという気持ちでじっくり読めました。私的にはかなりおもしろかった。年齢が一ケタの子ども絡みは地雷なのだけれど、このお話では気にならず。多分あまりにも「父・・息子の図」がさまになっていたからかな(笑)。内容とイラストがこの上なくピッタリしてると思います。

「龍と竜」というタイトルはどういう意味だろうと思っていたのですが、
名前がね・・・。そして龍一郎の背中に背負っているのは竜城の「竜」。なるほど。
タイトルとイラストから、かなりのハードボイルドなやくざもの、
そんなイメージだったのですが、
いきなり「キャラメル・ラテ、ショート。ミルク多め」ですからね(笑)
(スタバとかで頼みにくくなった?)
やくざものには間違いないけど、意外にも「とーちゃん、かーちゃん」なお話で、
羨ましかったな!
 
読了日:06月18日 著者:綺月 陣


王子の帰還 (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス Hertz Series 77) (ミリオンコミックス  Hertz Series 77)王子の帰還 (ミリオンコミックス) (ミリオンコミックス Hertz Series 77) (ミリオンコミックス Hertz Series 77)
初読み作家様。表題作もなかなかよかったけど短いな~。もう少し続けばいいのに。それよりも「彼のとなり」に落涙。強がりなのに泣き虫な受けは超ストライクで困る。

表題作、王子様だったはずが、何故かお姫様になってしまっているという、
必死な受けがおもしろかった!
そして、泣き虫受けが苦手な方もかなりいらっしゃるようですが、
私は結構好きなのです~。
「メタモルフォーゼ」も若い二人にちょっぴり泣かされてよかったのですが、
やっぱり「彼のとなり」が一番よかった。
あて馬?と思いきや・・・青春っていいなぁ~。
泣き虫ってカワイイなぁ~
 
読了日:06月20日 著者:ぢゅん子


艶華~絶倫王と欲望皇子~(ジュネットコミックス ピアスシリーズ)艶華~絶倫王と欲望皇子~(ジュネットコミックス ピアスシリーズ)
絵もすごく上手いという感じじゃなく、何が描いてあるかわかりにくい。言葉も行動も萌えではなくただただ淫乱。これは失敗したかなと思っていたら、意外にも重く内容あり。読み終えた後味はすこぶる悪い(決して嫌いではない)。それは内容が悪いという意味ではなく、誰もがあまりに救われない結末で苦しいから。否、艶だけは救われたのだろうか…それは彼が天に召される時に、彼にしかわからないだろう。皇王が切ない。副題と、帯のふざけたような煽りはとても間違ってる気がするのは深読みしすぎ?もっと内容のある話だと思うのだけど。

帯がね、「私はすべての男の愛玩具」とか、
「皇子の香りにメロメロの穴兄弟だち」とか、
裏表紙に「雄豚たちよ、跪け!!」とかあったのだけど、
それ違うわと思ったのは私だけなのでしょうか?
確かにその言葉通りのことはしてるのだけれど、
言葉から受ける印象と、読み終わった後の心象は全然違ったのです。
「皇子」が何故そんなことをしているのか、また「王」の本当の思いは何かを知れば、
あんな帯のような煽りは必要ないのに・・・なんて。
 
読了日:06月16日 著者:環 レン


この愛で縛りたい (ビーボーイスラッシュノベルズ)この愛で縛りたい (ビーボーイスラッシュノベルズ)
タイトルと口絵と出だしの文章から、少々厳しい話だと覚悟して読んだのですが…あらまあ、なんと可愛らしい話!微笑ましいったらないじゃないのー。二人ともかわいくてしょうがないよ。

監禁ものですよ、監禁もの!しかも受けが攻めを監禁。
表紙にも口絵にも鎖が描かれていて、出だし部分も眠っている攻め相手に、
無理やりセックスしようとする・・・・
とりあえず覚悟しますよね?まあ痛いのも好物なので、
それはそれでよかったのですが、全然違ってた・・・・
確かに監禁はしてるんだけど、結局ワルになりきれない受け・阿木と、
ずっと阿木の気持ちと自分の心に気付かなかったけど、
阿木の無茶振りのおかげでやっと理解した攻め・永瀬。
お互い気持がわかればラブラブラブ・・・
書き下ろしの二編も行き違いや勘違いがありながらもラブラブラブ。
英田さんの作品であること忘れるくらい、
さっぱりとかわいい(?)お話でした
。 
読了日:06月15日 著者:英田 サキ


妖魔なオレ様と下僕な僕〈7〉 (アズ・ノベルズ)妖魔なオレ様と下僕な僕〈7〉 (アズ・ノベルズ)
久々らしい7巻は妙に違和感が。司野のセリフが、無理やり妖僕の雰囲気を出すためのものに感じてしまったり。リアルタイム読書ではなく、まとめ読みをしているせいでより感じるのかも。今回はいつもの胸を刺すような「切なさ」がないなーと思っていたら、最後にちゃんとありました。万年筆のくだりです。あああ~正路~(涙)「おやすみ」に返事をしない司野でしたが、7巻では返事の代りに軽く背中を叩いてくれたり、チラッと横目で見たり。進歩進歩♪いつかきっと「おやすみ」って言ってくれるね。頑張れ、正路!イラストは…(略)

この7巻から絵師さんが変更になったんですよね。
事情は知らないのですが、絵師の交代はできるかぎり避けてほしいと思います。
かなりイメージが違って戸惑うのです・・・
最初からこの方(山田シロさん)だったら、登場人物の年齢に見合ったイラストで、
もっとすんなり馴染めたと思うのですけど。
前の唯月一さんがかなり可愛らしい絵柄でしたしね。
山田シロさんのイラストに不満はありませんが、
毎回最後のページにあった、超カワイイ司野や正路のおまけイラストが見られなくなったのが、
ものすごく残念です!


読了日:06月14日 著者:椹野 道流


妖魔なオレ様と下僕な僕 6 (アズ・ノベルズ)妖魔なオレ様と下僕な僕 6 (アズ・ノベルズ)
司野、お願いです。その耳ずっとつけたままにしておいてくれませんか!耳が動いた時の描写がめちゃ萌えた♪

いやもう、ネコ耳。それがすべて!
お話もよかったんですけどね。二人の絆がどんどん深まっていくし、
司野が少しずつ成長していって嬉しい。
そして巻を追うごとに、ほんっとにエロさを増していく!!
ごちそうさま~♪


読了日:06月08日 著者:椹野 道流



妖魔なオレ様と下僕な僕 5 (アズ・ノベルズ)妖魔なオレ様と下僕な僕 5 (アズ・ノベルズ)
 口絵の正路のパンツ姿(下着)に激萌え!! (注・5歳児。犯罪は犯していません(笑))。そしてボロボロ泣いた。これ、こんなに泣ける話だったっけ・・・?

司野の膝の上でごはんを食べる正路に萌え、
5歳児のカラダで司野のために気を受け取ってもろうとする行為を、
あっけなく司野に拒否されて傷つく正路に涙し、
司野のために自分の命を捧げようとする正路の思いを
受け取っってもらえたことも嬉しかったし、
司野が、心を一つにする素晴らしさをちょっぴり感じたことも感動でした。
素敵なクリスマスだったね、正路。
 
読了日:06月02日 著者:椹野 道流



艶漢 (2) (WINGS COMICS)艶漢 (2) (WINGS COMICS)
読了日:06月14日 著者:尚 月地



艶漢 1 (WINGS COMICS)艶漢 1 (WINGS COMICS)
読了日:06月14日 著者:尚 月地



見えない星 (ミリオンコミックス  Hertz Series 38)見えない星 (ミリオンコミックス Hertz Series 38)
登録忘れ?
読了日:06月13日 著者:京山 あつき


恋の千客万来!? 接吻両替屋奇譚 (講談社X文庫―ホワイトハート)恋の千客万来!? 接吻両替屋奇譚 (講談社X文庫―ホワイトハート)
あわわ ネコ耳・シッポでこんなに萌えたのは初めて。ゾクゾクしちゃうじゃないの!そして口には出さないけど 雪彦までその姿と“シーズン”に骨抜き!?岡野さんの作品の中で一番ラブラブ度高い!甘い!相変わらずいい人ばかりで安心して読める。岡野さんの描くけなげ受けが 私はやたらに好き。 

ケモミミはね、普通に萌えるんですけど、この泉のネコ耳とシッポは、
ハンパなかったです!シッポをつかんだりこすったりまさぐったり・・・
あぁぁ~、その反応がもうたまらんっ!
雪彦も「そのままでもいいかも」と、絶対思ったよ、うん。
たとえワンパターンでも好きだな~、岡野作品。

読了日:06月13日 著者:岡野 麻里安,穂波 ゆきね


ナルシストの憂鬱 (ビーボーイノベルズ)ナルシストの憂鬱 (ビーボーイノベルズ)
タイトルと表紙だけだったら、絶対読んでいなかった作品。読みながら受けの気持ちにシンクロしてしまう人は要注意!涙がこぼれます。あ〜なんでこんなに泣かなくちゃいけないんだ!

毎度しつこいのですが、コミカル系はあまり好みではありません。
だから、このタイトルとピンクピンクした表紙を見て、
絶対好みじゃないと思ったんですけどね・・・大間違いでした。
山田の心が読めず、また本当に好きになってもらえるのか、
あれこれ思い悩む藤中にシンクロした私はかなり泣きました。
正直言っておもしろかったです。いいお話でした!

読了日:06月10日 著者:西江 彩夏



君へつづく物語 (GUSH COMICS)君へつづく物語 (GUSH COMICS)
RPGゲーム好きの私にはたまりませんでした。ラストははっきり言ってやられました!今後読む予定のある方は、ネタバレ防止のため、ここ(読書メーター)のレビューは読後に読まれることをお勧めします。涙がこぼれそうになる直前に浮上したよ!

せっかく泣こうとおもったのに、最後の最後で・・・!!
違う意味で泣けましたけど。ゲーム好き・RPG好きじゃないと、
なんのことかさっぱりわからないかもしれませんが、
ドラクエ・FF・マザーなどがお好きな人なら、
「おぉっ」となるんじゃないかな?
見た目的には現実ですけど、中身は思いっきりファンタジーです。
携帯電話がいいアイテムになってたな~。
キスすらない、ハグしかないけど、満足です。
 
読了日:06月06日 著者:日の出 ハイム


WORK in (メガストアコミックス) (ドラコミックス)WORK in (メガストアコミックス) (ドラコミックス)
あーできれば、お子ちゃまは出さないでほしいんだな。カワイイんだけど、生々しくなっちゃうのよね…

act.1と2のリーマンものはよかった。
ノンケの高瀬さんの「もっと勉強しよう」がいい!ガンバレw
最後のおまけの「ガリ勉くん」最高!
でもact.3以降の話は、子供(女の子)が出てきた時点でアウト。
「え、でそのあとどうすんの?」ってなっちゃうのだ。
「龍と竜」にも子供は出てきたけど、色んな状況に応じて
きちんと扱ってるので安心できたためにOKだったんだけど・・・。
あと、攻めのヒゲがダメなんです私。特にあごひげ。
(受けのヒゲならいいって・・・変??・・・だよね(汗))
今回は攻めの髪形もアウトだった・・・。
内容や表情は好きなんだけどな~(>_<)


読了日:06月06日 著者:鈴木ツタ


魅惑的な契約者 (もえぎ文庫)魅惑的な契約者 (もえぎ文庫)
こういう攻めって好きだわ〜。からかわれる瓜生がカワイイ!他の方々のおっしゃるとおり、あとがきが気になって気になって(笑)そっちの話の方が読みたいよ!

ひょんなことから契約によって成り立った偽りの恋人同士。
それがいつしか本物の恋人になる。
いかにもな設定だったけど、岩神のからかいや、
それに必死で対応する瓜生の会話がテンポよく、
お互いを好きになっていく過程も無理がなく楽しめました。
あとがきにもあったように、岩神の方は、
ひと目惚れにに近いのかもしれませんが、
なかなかの紳士で好印象!
からかわれてちょっと拗ねたり、怖い目にあって怯える瓜生も
可愛かったな~。

読了日:06月05日 著者:火崎 勇


そして蝶は花と燃ゆ (プラチナ文庫)そして蝶は花と燃ゆ (プラチナ文庫)
あーもう、読むのに苦労した。思ったより時間がかかってしまった。キラキラ表紙が結構好きだったのに、中身は期待ほどではなかったかな。これで終わりか?と思うとまだ続きがあったり、なんかもうちょっとスッキリいかなかったのかな~。雨柳も桐弥も想いがわかりにくい。水無月が一番よかったかも。

好みの話だと思ったんだけどな。
話にまとまりがなくて、いまいち。

読了日:06月04日 著者:犬飼 のの


探偵青猫 5 (花音コミックス)探偵青猫 5 (花音コミックス)
青猫パパ、なんてステキなんだ!そして早乙女との10年越しの純愛が美しい。古きよき時代(←この言い方がすでに…苦笑)の映画のよう。幼い恭二郎の破壊力ハンパないっ!!かわいすぎて倒れた。

もう自分の拙い言葉ではこの本の素晴らしさは表現できません。
恭二郎もすてきだったけど、青猫パパも垂涎もの
この本に登場する“大人”は素晴らしすぎて目が眩むよ・・・。
そしてお子ちゃま恭二郎、「どう?」って私にも言ってくれっ!!

読了日:06月06日 著者:本仁 戻



探偵青猫 4 (花音コミックス)探偵青猫 4 (花音コミックス)
気が多すぎるよ、青猫、いや恭二郎!!そして本当に天然の極上(極悪!?)たらしなのね。蜂王子刑事も青猫の色香には己を止めることはできないのだろうか・・・。青猫と鶯のやり取りがおもしろすぎて、でもそれができるほど二人はお互いを理解し、信頼し合ってるのかな、なんて。子ども時代の恭二郎はかわいくて切なくて、高貴で傲慢!?・・・あ、大人になっても同じか。

蜂王子刑事との関係、鶯との関係、硝子蝙蝠との関係、すべてステキ。
そういえば3巻では虎人くんとなんだったし、
あ、マコちゃんにも恋愛感情あり?
う~ん、本命は一体誰なんだろうか・・・・
それとも本物の「たらし」なのだろうか??
 
読了日:06月04日 著者:本仁 戻


探偵青猫 3 (花音コミックス)探偵青猫 3 (花音コミックス)
成長した虎人くん、なんてステキなんだっ。。。って夢かよっ!!と思ったらそれも夢。あぁぁぁ。実際に存在してるのね、大人の虎人、先生の髪を崩す虎人。早く彼に逢いたい。2巻でますます好きになった青猫先生、3巻では青猫がかわいくてかわいくてかわいくて、どうしようもなくなった。早乙女伯爵が男前すぎる・カッコよすぎる。そして鶯が大好きだ~~~!!

お願いですから、大人の虎人くんに早く会わせて下さい。
ピンポイントで大好きなキャラになってるんで。
そして若い青猫、か・わ・い・す・ぎ・る!!表紙も若かりし日の青猫ですよね?
そりゃあ、誰だってハマるよ。
鶯のオトコマエな「目に焼きつけて一生モンのズリネタにでもしやがれ!」に
惚れたし、鶯との関係もたまらないけど、
早乙女伯爵との関係も泣けます。
父親を求めていた恭二郎のことをよく理解している伯爵、大人だよね~。


読了日:06月04日 著者:本仁 戻


探偵青猫 2 (花音コミックス)探偵青猫 2 (花音コミックス)
BLには思えないけど、BLなんだねえ。青猫のことがどんどん好きになるよ・・・

登場人物がすべて魅力的。
最初の口絵、これは第六譚の表紙絵のカラー版だけど、
とっても美麗でめっちゃ好き!
そして青猫の頭脳明晰さに驚かされる・・・・。
 
読了日:06月03日 著者:本仁 戻


探偵青猫 1 (花音コミックス)探偵青猫 1 (花音コミックス)
どっちかというと、コミカル系はちょっと苦手なので、最初の1、2ページを読み始めた時は「ふむふむ」くらいだったのに、最後は泣かされていた。シリアスシーン(キスシーンなども含む)が美しい!!絶対続巻も読みます。

↑ 続き読んでます。耽美。
ちょっと古いイメージになってるけど、絵がお上手なので、
安心して読めるし内容もすばらしい。
マコくんが切ない!!そしてカワイイ!
何より青猫がおバカだけど美しい!大好きな作品になる予感。
 
読了日:06月01日 著者:本仁 戻


読書メーター
関連記事

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

^^
こんばんは。あるとさん。^^
今日も遊びに来ました。^^

最近韓国も本当に暑くて何もする気がないです。
でも読みたい本は読んでいます。あははは~
それで手が汗で指もぶるぶるです。 ^^;
あるとさんは私よりとてもたくさん読みましたね。 私はこのごろあんまり読むことができなくて..何の本を買って読むか捜してみています。
私、内容が知らないまま本を買わないですから~
どんな内容か知ってから買います。^^;
それで、私の部屋は整理をしても本ばかりでこれ以上どこに本を置くのかも悩みですよ。ハハハ..
でも買いたい本は買う~~ふふふ~

あるとさんはまだ F&B 15冊読まなかったんですか? 私は今度本が来た時..あ~、初めて注文した時はほかの本から先に読んで後で読もう‾と思ったが 本をもらってすぐに考えが変わりました。
なんか後で読んだ後は F&Bの 考えばかりするような感じがしてあ~だめだ~..初めから読もう!!!..と~そしてから他の本をたくさん読みました... すると F&Bの余韻が少しは消えたような気がしますけどね。^^;
でもたぶん 16券の発売される日が決まれば再び
胸がどきどきしながら夜に眠れないようですね.. 15券が発売の時も日が近付く時どんなに夜に眠られなかったか。。。。

本を読む事を心配しながら..>.<;;

こんなに思って生活する私を見れば他の人々は変だと思うけれども...私はこのままで生きるんだ~って一人で思いながら眠れない日々が続いても目の下が黒くなってパンダになってもこのままがいいのじゃ~って一人で妄想をしていながら~おほほ~

あ~すみません。^^変な話になちゃって^^;

本をすべて読んで今夜は何もすることがないですね...あるとさんは私よりもっと楽しい夕方送ってくださいね。
Re: ^^
ユジュんさん、コメントありがとうございます。
またまたまたまた、お返事遅くて申し訳ありません!

> 最近韓国も本当に暑くて何もする気がないです。

日本と韓国は緯度も近いので気候は似ているのでしょうね。
私の住んでいる場所は、日本の中でも蒸し暑さで有名なところなので、
この季節は外に出ても、家の中にいても不快指数がとても高いんです。
夏が苦手な私は、やっぱり何もする気になりません(笑)

> あるとさんは私よりとてもたくさん読みましたね。 私はこのごろあんまり読むことができなくて..何の本を買って読むか捜してみています。

これでも私の読書量は少ない方だと思います。
萌え友さんたちの読書の量はすごいです!
とても追いつきません。
私の場合は読めもしないのにどんどん買い込むので、
いわゆる「積読本」がとんでもない数になってます・・・・
やめられないんですよね~ハハハ。

> 私、内容が知らないまま本を買わないですから~
> どんな内容か知ってから買います。^^;

それは正しい買い方かも?
私なんて何も知らずに読んで「げっ!買うんじゃなかった」なんてこともあります。
でも時々、期待しないで読んだ本がすごくよくて、「あたり!」って思ったり、
評判が悪かったのに自分が読んだら意外におもしろかったなんてことも。

> あるとさんはまだ F&B 15冊読まなかったんですか?

・・・スミマセン、まだです・・・・・
でも読みます!絶対読みます!感想も書きます!
そして全員サービスの小冊子も応募するので、
そちらも感想書きますね。

> でもたぶん 16券の発売される日が決まれば再び
> 胸がどきどきしながら夜に眠れないようですね.. 15券が発売の時も日が近付く時どんなに夜に眠られなかったか。。。。

その気持ちすごくわかります!
15巻のあとがきだけは読んだのですが、16巻もそんなに遠くない日に
発売されそうなので、またすぐドキドキしなくちゃいけない・・・(笑)

> こんなに思って生活する私を見れば他の人々は変だと思うけれども...私はこのままで生きるんだ~って一人で思いながら眠れない日々が続いても目の下が黒くなってパンダになってもこのままがいいのじゃ~って一人で妄想をしていながら~おほほ~

あはは、他の人に変だと思われても好きなものはやめられないですよね~!
私もやっぱりやめられません。
死ぬまでBLとともに生きていきます。
ところで、韓国でも
「目の下が黒くなってパンダになっても」なんてたとえ方するんですね、びっくり。
それとも、日本語のそんな表現をご存知なのかしら。
どちらにしてもびっくりです。

韓国も暑いとのこと、お互い暑さに負けずBLを堪能しましょうね!
ではでは。
拍手コメントありがとうございます!
あ○いさん、

拍手ありがとうございました。またお越しいただけて嬉しいですv-343v-343
ブログも、未読のF&Bの部分を読まないように気をつけて(笑)
拝見させていただきましたよ!
もうこれは、これからもオジャマさせていただかなくては!と思い
しっかり「お気に入り」に登録しました。
「ここだけCOMICフォーカス!! 」とか興味しんしんです。
(普通に購入できるものなのですか??)
できるだけ早くF&B読んで感想書きますので、
その時はまた遊びにいらして下さいね。
これからもよろしくお願いいたしますi-185>


>あ○○○○んさん、

ご無沙汰です~~~(≧▽≦)
こんな更新まばらなのに、まだ拙宅に来ていただいて
本当に嬉しいです!
毎日暑いですよね~。暑いというだけで疲れ果ててます・・・情けない(>_<)
体調はいかがですか?寒い時期よりは少しは痛みが少ないといいのですけど・・・

来月、臣・慈英が出る!?
え、知らないです!何が出るんですか?
・・・あ、そういえば、「続きが出るみたいですね」と、
この前の「やすらかな夜のための寓話」の感想に書いたの思いだした(汗)
それのことですかね(^_^;)
8月発売なのですね、検索してみます。
情報ありがとう♪

>私BL漫画あんまり読まないと気づきました。

そうなんですねー。
私も以前はほとんど小説ばかりだったのですが、
萌え友さんたちから良質なコミックスを教えていただいたりして、
かなり読むようになりました。
小説と違ってすぐ読めるので、
「時間がとれない、でもBL読みたい」っていう時にはピッタリです。
さすがに戸外では読みにくいですけどね~(苦笑)

ではまた遊びにきて下さいねi-176


拍手コメントありがとうございます!
>ま○○さん、
わざわざお越しいただきありがとうございます!
こちらこそ、リンクしていただけてすっごく嬉しいです。
常々お名前はお見かけしていたので、ずっと気になっていたのです。
それにあの「足跡」に応援してもらってるような気になって、
本当に支えだったんですよっ!
更新がなかなかままなりませんが、頑張っていくつもりですので、
これからもよろしくお願いしますv-354
「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。