*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月の読書メーターまとめ
いっそこのこと、ブログにこだわらず、
読書メーターのみにしちゃえばいいんじゃないだろうか


なんて思う今日この頃。

こんばんは。
相変わらず 自分の時間を捻出することが上手くできない、
不器用なあるとです。

大好きな萌え友さまたちのブログも、モバイルでのぞいて確認するくらいしかできず、
不義理を続けてます。ごめんなさ~~~い

ところで、
あべ美幸さんの 「八犬伝 ‐東方八犬異聞‐」 の新刊!?
と思って大喜びしたら、冬水社から移って角川からの出版ってことで、
第一巻から再出版だった…
でもでも、既刊が済んだら新刊も出るよねきっと
6月1日、1・2巻発売。
完全移植?以前のものに何か付け足されたりするのかな??
旧版は持ってるので購入は微妙だな~。

それでは4月読書メーターまとめでございます。
今回はわりと追記してます!
★ネタバレあります。ご注意を!!続き ↓(read more)から。

◆拍手ありがとうございます!
り○○様、初めまして!
「再会 」 FLESH & BLOOD12限定版 小冊子への拍手コメントお礼は、
該当記事のコメント欄です。

追記は この色です。

4月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:2590ページ


宮廷神官物語  鳳凰をまといし者 (角川ビーンズ文庫)宮廷神官物語 鳳凰をまといし者 (角川ビーンズ文庫)
私の兎は…誰にも渡さぬ。きゃ~~~!
←とにかく好きなのですよ、苑遊さまが。そして一番好きな鶏冠を虐めるところが特に。あとがきにある「信頼関係を描くのが好き」というところを読みながら、「ああ、やっぱりそうなんだな」なんて納得してました。榎田尤利名義の「交渉人シリーズ」なんてまさしくそうですものね。 
読了日:04月04日 著者:榎田 ユウリ

↓↓↓注:辛口です。
 
ビター×スイート (ビーボーイコミックス)ビター×スイート (ビーボーイコミックス)
う~んう~んう~ん。素晴らしい個性を持った方だと思う。いいお話だったと思う。でもやっぱり中途半端。表題作、普通のBLのようなやりとりをこの絵でやられても全然萌えない。普通っぽい作品は避けた方がよい気がする。詩とかコミック原作をやって下さったら嬉しい。唯一「cleaning」の主人公が初めて「かわいい」と思えた絵だった。とにかく、机の脚の位置がおかしいとか遠近が逆になってるとか、その他色々イライラしなくていいように、基本デッサンだけなんとかしていただければ…これが味だと言われても無理。でもたぶん、次も読む。
どうしてこんなに「絵がお上手ではない」んだろう。(←はっきり書けば!?)それともあれか、実はピカソのように一つのものを多方向から感じることができるような、いわゆる天才なのか!?なんかほんともう、ものすっごく損している気がするのだが。いや作者のあまりある「絵」の才能を理解できる素養を持ってない私が悪いのかな。真面目な話、作者や編集者はこの「絵」に対して、どう思っているのかをものすごく知りたい。 
読了日:04月09日 著者:遙々 アルク


富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部  選ばれし者 (角川ルビー文庫)富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部 選ばれし者 (角川ルビー文庫)
悠季が低血糖で倒れたあとの圭とのやりとりと、P57のイラストがとても好き。男同士とか、そんなことは本当に関係ないんだと思わせてくれる。愛し合ってるんだな~って感じさせてくれる。「きみの内なる音楽家魂が求めるところを最優先とする」という言葉の影に、圭のどんな想いが込められているのかな…
↑↑この二人のやりとりに暖かな気持ちにさせられます。なんて幸せなんだろう。ただただ羨ましくて理想で。でもそれは、そうなるための努力を惜しまないからなんだよね。何もせずに受け身でいるだけじゃ幸せは来ないのだよ、自分!タイトルの「選ばれし者」はもちろん悠季のこと。でもって、「選ばれし者」のまわりには、やっぱり「選ばれし者」が引き寄せられていて、彼らがいるからこそ悠季が輝いていけるような気がします。 
読了日:04月09日 著者:秋月 こお


男の上手な泣かせ方 (花音コミックス)男の上手な泣かせ方 (花音コミックス)
表題作、泣かせるのはそっちなのね。リョウがすんごく可愛い!出だしは成り行きだったけど、ご主人さま大好きの忠犬と愛犬に甘やかされてメロメロ(それを表に出さない)ご主人さま、いい関係になってよかった。シッポがいいわ~♪「白い羊の黒い夢」は、黒い紀野が白い羊に戻る瞬間の涙と、戻ったあとのオロオロに萌えました。「きみにだけダメ」、なによ、この青春バカップル(笑)お互い相手の気持ちが全然わかってなくて、ちょっと切ない。深井さんの描かれる泣き顔って好きだなー。
いや~萌えました~ほんのちょっとSMテイスト、ほんのちょっと痛い感じもあったりするけど、そういうの苦手でなけでばオススメかも
読了日:04月09日 著者:深井結己


スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)スウィーパーはときどき笑う 交渉人シリーズEX. (SHYノベルス)
スピンオフって苦手なのに、なにこれ。なんでこんなに泣かされるんだろう。最後まで読んで、もう一度1ページ目を読んだら余計に涙が止まらなくなった。二人とも、ほんとにいい子だな。お互いにもっともっと甘えられるようになるといいね。いや、きっとなるよね。本編も大好きだけど、今作も秀作でした。
「起きたら、メシ食いに行こう。お前の好きなマックへ行こう」
紀宵の辛い過去の記憶に残る言葉は、年月を経て「お前 」に変化し、
愛する智紀の言葉として紡がれる。
デカわんこと狂犬チワワのドタバタ劇のはずなのに、二人のお話にじわっと涙がにじんできてしまう…(>_<)

読了日:04月09日 著者:榎田 尤利


富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部天上の愛 地上の愛 (角川ルビー文庫)富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部天上の愛 地上の愛 (角川ルビー文庫)
とうとうミューズが悠季に微笑んだ。よかった、本当によかった。次は圭の番。圭にだってきっと音楽の神様がついている。そして二人が幸せで幸せで…。今まで色んな事があったものね。もうサブタイトルが素晴らしくって、今の二人そのもの。必ず一生添い遂げると確信できる二人。ここまでが長い道のりだったと感じるのは、ひょっとしたら私たち読者だけかもしれませんね。悠季にとっては、急かされて焦らされて、あっという間の出来事だったような気がします。ああ、今も思い出すだけで目頭が熱くなる!
圭への想い。
『心安らぐ心地よい木陰は、きみ・・・その木陰を吹くやさしい風も、きみ・・・
ああ・・・愛されてるなァ・・・ありがとうございます・・・感謝します・・・』
そして音楽への愛。
『気がついたんだ。僕はバイオリンに恋焦がれていて・・・
それが無上に幸せだということに。』
この長いシリーズの中で、今回のサブタイトルが一番好きです。悠季と圭の物語のすべてを表している気がするから・・・

読了日:04月10日 著者:秋月 こお


BABY BITCH! (ダイヤモンドコミックス)BABY BITCH! (ダイヤモンドコミックス)
相変わらずハードなエロ。でも今回はすべてに愛があって意外にもよかったと思う。まあ、かなりエロのハードルが高いので、誰でもOKな内容ではないかな。「さよなら恋人」は2ページ目で先が読めてしまったので、それほど感動せず、ありきたり感が。「ヤバイって」「ただいまダーリン」が可愛い話でよかった。「BODY TALK」を読んだ時も思ったけど、子どもを巻き込むのだけはやめてほしい。正直キツイわ…。
気分のすぐれない時には絶対読まないほうがいい作家さまですね~。(笑)
読了日:04月12日 著者:井ノ本 リカ子


同級生 (EDGE COMIX)同級生 (EDGE COMIX)
もー、もー、もーー!!って草壁くんが叫ぶところがあるけれど、まさしくそんな感じ。何この甘酸っぱ~い二人。青くて青くてかわいくて。中村さんの作品だからと、構えていてずっと積読本だったけど、まさかこんなドキドキ・モゾモゾするようなお話だったとは!あとがきにベタだの王道だのと書いてありましたが、これほど「萌え」が散りばめられた作品は初めてです。そこかしこに萌ツボ満載。細かく説明してたら文字数足りん!もーもーもー大好きです。あ~顔がニヤケル~(・∀・)ニヤニヤ「まじめに、ゆっくり、恋をしよう」最高♪
佐条くんがかわゆす。そんな風に見えないのに、めちゃくちゃカワイイ。あーもう、何度読み返してもきゅんきゅんきゅんきゅん…キスしかしてないのに~!
読了日:04月16日 著者:中村 明日美子


雪よ林檎の香のごとく (新書館ディアプラス文庫)雪よ林檎の香のごとく (新書館ディアプラス文庫)
繊細で静謐で。触ったらぱりんと割れてしまいそうで。「好きになったりして、ごめん」に胸が苦しくなる。そして志緒のことをガキ扱いしてた桂を、やっぱり自分だってまだまだガキじゃんと思ったり。桂が息子のことを思いながら志緒を「ゆうき」と呼んでいたことにもの凄く腹が立ったり。普通の小説としておもしろくて、BLである必要ないのかも?と読み進めるうちに、これはBLじゃなきゃダメだなって思いなおす。また読もうと思う。この世界に浸りに来よう。そして北原白秋の詩を何度もなぞろう。
素敵な作品でした。こういうの読むと、自分のいたらなさや器の小ささを思い知ります。高校生の志緒にすら追いついていない気がする
読了日:04月16日 著者:一穂 ミチ


この佳き日に (二見書房 シャレード文庫)この佳き日に (二見書房 シャレード文庫)
どう見てもノンケ代表みたいな春臣の、結婚間近にもかかわらず、穂高を初見から美人だとか、心臓がドキリとするとか、その辺りの設定がとってつけたように感じてしまって、途中で読むのやめようかと思った。でも春臣の気持ちが空回りばかりして、穂高との距離がなかなか近づかないところがおもしろくて(←ヒドイ)、結局一気読み。内容は可もなく不可もなく。攻め・受けともに好みじゃないし、なんか中途半端な感じ?P151のイラストは小山田さん痛恨のミス!?亮輔のタキシードは黒だよ…。(穂高も黒のスーツだから仕方なく?)
正直、期待外れだったかな。
読了日:04月20日 著者:海野 幸


狼さん、そろそろ準備はいいですか (カンナコミックス)狼さん、そろそろ準備はいいですか (カンナコミックス)
表題作のタイトルがとてもいい!内容もいいけど、不良受けの髪型がどうしても苦手なのでかわいく思えなくて…前髪おろしたらやっと好きになれた。とりあえず、メガネ手渡し時のオプション希望。
これは登場人物のビジュアルを受け入れられないと無理だな~。 
読了日:04月20日 著者:山田2丁目


恋愛免疫不全症候群 (ダリア文庫)恋愛免疫不全症候群 (ダリア文庫)
医療ものが大好物な私は、久しぶりに大好きな春原さん作品が読みたくて適当に積読本から引っ張りだしてきたら、やったー!受けが病気持ちだった!病弱受けスキーな私としては予想外でラッキー♪美人でクールで世間に疎い敬語しゃべりの受けは、ストライクど真ん中でおいしくいただきました。
「どんなに正しい言葉でも、それがナイフの形をしていたら、人を傷つけます。逆に、それが間違った言葉でも、柔らかなオブラートにくるまれていたら、人はそれが毒になると知っていても、飲み込んでしまうかもしれません」…なるほどね~。φ(・ェ・o)メモメモ
読了日:04月21日 著者:春原 いずみ


彩雲国物語 第6巻彩雲国物語 第6巻
劉輝が秀麗たちの護衛をするところが大好きだ〜!
読了日:04月21日 著者:由羅 カイリ,雪乃 紗衣


彩雲国物語 第7巻 (あすかコミックスDX)彩雲国物語 第7巻 (あすかコミックスDX)
自発的軟禁状態、プププッ…このあたり好きだわ~。そして劉輝至上主義の私にとってこの頃は、まだニマニマしながら読んでいられたのよね…今本編は…うううっ。しかし、どのキャラも好きすぎて困ってしまう。ちょこっとだけど、子劉輝も見れたし、まだ静蘭になる前の清苑も見れたし、やっぱり彩雲国おもしろい!
読了日:04月22日 著者:由羅 カイリ


主人は犬に愛される (クロスノベルス)主人は犬に愛される (クロスノベルス)
初読み作家さま。最初は有羽がショタっぽく思えてどうにも読みづらく、これはダメかなという感じでしたが、後半は結構のめり込んで読めました。まあこれぞBLって感じでしょうか。大好きな健気受け・病弱受け・トラウマ持ち・敬語攻めごちそうさまでした。それにつけても馨一がとってもいい人で、もったいない!ある意味不憫というのかな…。
最初に挿絵の1枚目を見てしまったら、もうショタにしか思えなくて、脳内ショタ声で再生され、どうにもしらけてしまいがちでした。それをなんとか克服すれば、結構好み?でも登場人物たちの設定には、かなり無理があったかも?「BLはファンタジーだから」と乗り切りましたが(笑
読了日:04月26日 著者:弓月 あや


純情ロマンチカ 第14巻 (あすかコミックスCL-DX)純情ロマンチカ 第14巻 (あすかコミックスCL-DX)
「よし!」←これだけでこの本買った意味がある。これがあるから中村春菊さんの作品がやめられない。上手いな~。コマのもっていき方とか話の展開とか、マンガの王道なのかもしれないけど、それでもBLではなかなかない。ぐいぐい引き込まれてしまう。井坂さんのくだりも笑った~!丸川書店からの書類を水につけるとこ(おまけ絵)や、「うなぎ」「犬好き」もカバー裏も笑った。うさぎさんの言葉に感動した。エロもすんごくよかった。表情豊かなマンガは、自然に読んでるこっちも揺さぶられるんだな、きっと。あと、ヒロさんと美咲の遭遇に驚き!
最近「世界一初恋」も読んだのだけど、やっぱり「ロマンチカ」の方が落ち着いているというか、安定感があるというか、よりのめり込めるみたい。この下半身からジーンとくる切なさがやめられない・・・。そして読書メーターの感想で、どなたががつぶやいていらっしゃったけど、本当に表紙だけでは何巻なのか判別不明だわ
読了日:04月28日 著者:中村 春菊


災厄は僕を好きすぎる 1(キャラコミックス)災厄は僕を好きすぎる 1(キャラコミックス)
きゃ~!これいい!ちょっとツンデレ、素直な育実がツボすぎる。無愛想で必死な一条くんが可愛すぎる。誰もがまだ自覚なくてジレジレすぎる。周りの反応が素敵すぎる。眼鏡キャラ・久遠寺先生が好みすぎる。六花の痣が色っぽすぎる。キャラも、ファンタジーな設定も、「私はこの作品を好きすぎる」。続きがめちゃ楽しみ。長く続きそうだし。BLっぽいところはまだすごく少ないけど、きゅんきゅんするよ~!
タイトルからは想像できなかったけど、めっちゃ好みのお話でした。とりあえず和にいが危ない!!自分を押さえられずに、育実を襲ってしまいそうで…すんごく後悔するに決まってるのに。早く続きをお願いします!! 
読了日:04月29日 著者:神奈木 智,二宮 悦巳



読書メーター
関連記事

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
>読書メーターのみにしちゃえば
あ~、感想と管理が出来るし、この頃FC2が調子悪いから、私もたま~に思います。
でもこうしてメーターのまとめも出来るから
ブログもあってもいいと思いますよv-218

アルクさんのコメントの
>「絵がお上手ではない」んだろう。
確かに!そう思ったけれど、私はこの作品でハマって同人誌も買いに行き
作家買いしていて、もうあまり気にならなくなりましたv-415
今は初期の頃よりかなり上手くなったと思うけれど。
恋は盲目と同じなのかな? v-410
拍手コメントお礼。
>あ○○○○んさん、

最近あまり本を読んでないのですか?
ゲームもやっていらっしゃるようですしね!(羨ましい)
富士見~は、途中から買うっていっても微妙?
かと言って、一から揃えるとなると相当大変!!
お近くならばワタクシがお貸しするのに。

「世界一初恋」、ゆうきゃんの回はもう終わってしまうんだ…
たくさんしゃべってましたよね!おまけに神谷くんも出番もたくさんあったし。
何より、実は私立花慎之介も大好きなのですよ。
あーあ、一時の楽しみだったのね(涙)

そしてもうすぐ彩雲国!
早く読みたいような、終わってしまうのが惜しいような・・・ですね。

拍手コメントありがとうございました♪
Re: No title
ほんと最近FC2の障害多いですよねー。
ログインできない~くらいないらまだいいけど、
コメントや記事が消えるなんてのは泣くに泣けない!
我が家は今のところ、特別被害は受けてないので助かってます。

↑↑と、昨晩コメントのお返事を書いてUPしようとしたら、
FC2トラブル中でログインもブログ閲覧も不可になっていた…
昨日のうちにお返事したかったのに(>_<)

>ブログもあってもいいと思いますよ

なかなか更新はできないけど、
ブログは続けていきたいというのが本音です。

>アルクさん、

確かに以前よりお上手になっていらっしゃるとは思います。
お話はかなりいいし、個性的ですよね。
なんだかんだ文句を言いながらも、
まひるさんちのブログ記事を読んで、何冊か購入予定に入ってます!
悔しいけど、惹かれるんですよね~。

コメントありがとうございました♪

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。