*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内緒ですが…FLESH&BLOOD 18巻 <松岡なつき>
FLESH&BLOOD18 (キャラ文庫)FLESH&BLOOD18 (キャラ文庫)
(2011/06/25)
松岡 なつき

商品詳細を見る

こそこそこそ……こそこそ……

チラッ。
しーっ!静かに。

え~、大きな声では言えませんが、
全国のフレブラファンのみなさまこんにちは。
大変遅くなりましたが
FLESH&BLOOD18の感想なんぞを書いてみたいと思います。
いやぁ、はっきり言って「今頃!」なんですよね^_^;
一度はもう書くのやめようかとまで思った次第・・・
でもやっぱりこれだけは残しておかなきゃ。
とにかく恥ずかしいんでそっと通り過ぎて下さいまし。
あ、もうほんとごめんなさい!

フレブラ感想、いつもくどくて長くてまとまりのない感想になっていますが、
今回は若干短めです。(くどいのは変わりません)
何故って?
一つには、読了してからかなりの時間が経っているにもかかわらず、
読み直しもしてないのでかなりあやふや。
そしてもう一つは、私がフレブラに登場する数多のイケメンの中でも、
ジェフリ―を一番と掲げているからであります。
だって今巻はページをめくれどめくれど、
ナイジェル、ナイジェル、ナイジェル…だったでしょ~?
全世界のナイジェルファンの皆さまは、
18巻、悶えっぱなしだったのではないでしょうか。
でもでも、チラッとではありますけど、
そこかしこにジェフリーの男前っぷりも垣間見せてもらえましたよね!ねっ!!

念を押したところで、コホン、感想は続きからです。
もうご存知だと思いますが、フレブラ感想は
感想と言うより私の感情を吐きだした雑記のようなものでございます。
そんなところをお察しいただき、大きな心で受け止めて下さいませ。
ではよろしければ続きから!

★ネタバレあります。ご注意を!!続き ↓(read more)から。


◆拍手ありがとうございます!


冒頭はヤン&ラウルでした。
この世を倦んでいるはずのラウルの「生」への執着、
それは神の存在の否定のためです。
ラウルに見下され、心を捨て去りたいほどの地獄を味わいながらも、
ヤンはそれ(ラウルの信念)を覆すためにまた生き続ける。
どんな状況になっても我が道を行くラウルに、
ヤンは自分というものを殺してどこまでついていけるのだろう…
ラウルのそばでは下手に気を抜けないから、余計に苦しいでしょうに。
だからって彼にはそれしか道はないのでしょうけど。
面目をつぶされた復讐のためだけに、アロンソやビセンテを貶めようとするラウルを、
ヤン、なんとか食い止めて!!って願うのは酷かなぁ。
ラウルを止めることは、ラウル自身も救うことになりそうな気がする。
あーでも、ラウルも救いたいなんて思ってるのは、私だけか!?
ヤンにはその気はない…かな?
こちらの物語はまだ先が見えないです。

そして同じく先が見えないのはキット。
登場人物がいなくなるのはできれば避けていただきたいので、
なんらかの方法で助かることを祈るばかりです。
彼も今回は苦悩してます。
こんな人間じゃなかったはず…なんて。
一度でもいい、ナイジェルの心からの笑顔が見たいがためにと、
自分でも信じられない変貌(?)を遂げたキット。
おまけに・・・・

もうキットったらー、仲間にいれてほしかったんだ~(笑)

かわいいじゃん♪(←怒られそう)
今までキットって、心の中で何考えてるのかわからない感が強くて、
実際にいたら苦手な人物だったけど、
彼のオトコマエ度がUPして、ちょっと好きになってきたかも。
自分をさらけ出したもんね!
やっぱり「自分を出す」っていうことは人間関係の第一歩なんだなと
今さらながら考えてしまいます。
自分にはとっても苦手なことなので、反省しきり。
ほんとに今さら~、ですけどね。

そんなキットを目の当たりにして、
ナイジェル自身も振り切った感がありました。
キットの存在も認めつつあるし、責任感のようなものも芽生えてきてるし。
この巻でとうとう海斗の秘密を知ることになりましたが、
実は私の希望は、本当はナイジェルには海斗から直接話してほしかったのです。
ただ読了してから随分経って冷静に考えるに、
それはまた海斗の負担になるわけで、辛いことばかりの海斗に、
少し楽をさせてあげるには、その方がよかったのかなとも思っています。
ナイジェルの反応は予想の範囲内でしたが、
理解、というより信じる気持ちになったのは、
ジェフリーが愛する者の言葉を信じたってところに反応したからですよね。

もうどんだけ愛しあってるのあなたたち! (注:ジェフリーとナイジェル)

純粋で頑ななナイジェルは、
キットのことやジェフリーのこと、海斗との再会で知った彼の成長などを見、
そしてまた自分を顧みて、
少しずつ一人立ちできるようになってきたのかな。
そんな成長の中にもナイジェルの真面目さが伝わってきて、
ジェフリー大好きの私でさえ、「部屋中ゴロゴロ」気分を味わいましたとも。
ナイジェル命のお嬢様方、さぞかし今巻はたまらなかったでしょうねー。

さて、ワタクシの愛しいジェフリー、
やっと生きる気力・戦う闘志が戻ってきました。
自分の身勝手を嘆くこともそうですが、
何より「カイトに会いたい」と思ってくれたのは嬉しいですよ!
でもそれだけではなく、
先を見据えて将来のすべてをナイジェルに託そうとするジェフリー。
つまりはウォルシンガムの恐ろしさを身にしみてわかっているからで、
だからこそキットの身も案じていますが、
そこはもうひと頑張り…って言うのも可哀想ですけどね(涙)
愛する海斗と再会するためにも、
まだまだ自分自身を保とうというジェフリー、ますます惚れなおしましたとも!

女王のおかげでニューゲート監獄からクリンクに移送、
ってことはひょっとして再びレイヴンと会うかな??
拷問されるわけじゃないから、わざわざ面会にでも行かないと会わないか^_^;
でも何かしら関わってくれないかな、それも味方として。
なんて都合のよいことを考えちゃダメ?
予想するに、たぶん海斗も
方法はわからないけどクリンクのジェフリーに会いに行くのではないだろうか。
そしてレイヴンとも再会して……ってそんなことしたら、
海斗が捕まってしまうだけでなく、ジェフリーが海斗を隠していたと思われて
今度こそ出られなくなるとか!?いや、それはマズイ。
松岡先生、どうやってジェフリーと海斗を再会させて下さるのでしょうかっ!!
早く、早く会わせてあげたい。
その前にまず、戻ってきたことを教えてあげてねナイジェル!

にしても、海斗が無事戻ってこれてよかった~(≧▽≦)
もう並行世界とかややこしいことはどうでもいいです(←単に理解できないから)。
18巻はみんなの成長を確認する巻でした。
次はいよいよ物語が海に戻るのですね。
海斗とジェフリーの再会、海斗が現代から持ち帰ったもの、
アルマダ海戦、気になること満載です。
その前に全く予想外だった外伝ですねぇ!
一体どんな内容なんだか…まもなく発売予定、楽しみです。

★ところで、余談ですが以前から気になっていたことをここで質問。

キットって受け?攻め?

どなたか教えて下さい・・・・


<イラストについて>
表紙・・・・・内容を全く知らない人が見て、
これがBLだとわかる人が何人いるでしょうか。
ファンタジーものか、何かの冒険ものとしても十分通用すると思うのは、
フレブラ&彩さんを愛する者のひいき目ですか?
バックの大きな月なんてどうよっ!!
とにかく、 ナイジェル。かっこよす~
表紙では初のメインをはって、今までのちょっとヘタレな感じを払拭するように、
「俺がジェフリーを助ける!!」という並々ならぬ決意が現れています。
もちろんその通りの内容でしたが、それでも、ナイジェルがナイジェルゆえの、
ヘタレっぷりは健在だったような・・・(笑)

そして私は後ろにいるジェフリーがとっても気になるのです。
もちろん「大好きなジェフリー」(←海斗ボイスで)だからというのもありますが、
それよりもその表情と視線が気になっちゃうのですよ。
いつもの不敵な笑みを浮かべるでもなく、
弱さでも怯えでも驚きでもなく、かと言ってあきらめや悟りの表情でもなく。
喜怒哀楽のどれにも当てはまらないようような微妙な表情。
若干いつもより目を見開いている感じ?
その視線の先には何があるのでしょう。
ジェフリーには何が見えているのでしょう。
私としてはただただ、早くいつものジェフリーに戻ってほしいと願うばかりです!!

口絵は「ビセンテ&ちょっと大人になったレオ」。
やだ、レオったらいい感じになってきたじゃん♪(←何が)
そしてその裏、ピンで登場のキット。
ナイジェルのためとはいえ、自ら嵐に飛び込んだ自分の愚かさにあきれているよう。
でもそれでいいんだと納得した表情にも見えますよね。
彼の今後の運命は…

中の挿絵も相変わらず素敵です。
ヤンがラウルにナニしてるとこなんて、
下からの構図がその状況をよく表わしていて、
数少ないBLチックな絵なんだから、ここはおぉ~っとなるところなのですが、
「萌え」よりも苦々しさや憎悪の方が強く感じられます。
とにかく、当たりはずれのない彩さんのイラストのおかげで、
物語に集中できるどころか、何倍にも加算されて
フレブラの世界に引きずりこまれていくことは確かな事実です。
本当に毎回楽しみです!

*******************************


結局うまくまとまらなくて、箇条書きの感想にすればよかったかもと反省中。
19巻発売前に感想UPできてよかった。
(ちっともプチ感想じゃないし…)
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
次はもっと早く書けるといいな~!(ま、無理だな!)


関連記事

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

読み返したくなってきた…
18巻感想、お疲れ様でした!短いなんてご謙遜、読み応えたっぷりではないですか☆
18巻、あるとさんおっしゃる通り、ナイジェルびいきの私にとってはウハウハ巻でしたが、ジェフリーファンの皆様には確かに存在感薄いかも(笑)
あるとさんの感想にうんうんうなずいていたら、18巻を無性に読みなおしたくなってしまったよ、明日の通勤本はこれにします♪

>実は私の希望は、本当はナイジェルには海斗から直接話してほしかったのです
そうそう、そうなのです!でも海斗が現代から16世紀に帰ってくるためにナイジェルの力が必要だという設定だとすると、ジェフリーと同じ時に話を聞くしかチャンスがないんだけど、14巻でそれはなかったから、この後どうするのかな~、おそらくジェフリーから聞くんではないかな~なんて思っていたらまさかの姐さん大活躍だものね、しかも10ページちょっとでサクサクと(笑)

彩さんの描き下ろしイラストがステキに眩しい「外伝」も発売まであと1週間となりましたよ、楽しみですね♪外伝の感想もよろしくね♪♪ 

Re: 読み返したくなってきた…
miru-haさん、コメントありがとうございます。

>18巻感想、お疲れ様でした!短いなんてご謙遜、読み応えたっぷりではないですか☆

あぁぁぁ、何をおっしゃいますやらぁぁぁ。
記事UP後、miru-haさんちの18巻感想超大作、『ナイジェル・ないじぇる物語』を
拝見させていただいたのですが、私は恥ずかしくて記事削除したくなったんですから。
眠い目こすりながら書いたかなり適当な(なげやりな)感想で、
ほんと、情けなくて身が細る(←気持ちの上だけ)思いです(>_<)
あれやこれや書き足りないこともあるし、
ジェフリーの心情についても「闘おう」という気持ちは、
カイトや仲間を護るため、あくまでも自分がいなくなる前提のことなのに、
単純な書き方しかしてなくて。
でもきっとカイトやナイジェルたちが、助けてくれますよね?
まさかジェフリーはグローリア号にも乗らず、
もうカイトと結ばれることもなくなんて悲劇はないですよね??
ないって言って!

>でも海斗が現代から16世紀に帰ってくるために
>ナイジェルの力が必要だという設定だとすると、
>ジェフリーと同じ時に話を聞くしかチャンスがないんだけど、
>14巻でそれはなかったから、この後どうするのかな~、
>おそらくジェフリーから聞くんではないかな~なんて思っていたら
>まさかの姐さん大活躍だものね、しかも10ページちょっとでサクサクと(笑)

そのあたりの考察も、miru-haさんの記事読ませていただき、
ああ、もうそうだったんだーと目からウロコ。
本当に素晴らしい読解力と考察力、他の内容も含めてビンゴだらけでしたね!!
もうmiru-haさんが続き書けばいいのに。(←本気)

>彩さんの描き下ろしイラストがステキに眩しい「外伝」も
>発売まであと1週間となりましたよ、
>楽しみですね♪外伝の感想もよろしくね♪♪ 

もうすぐもうすぐ((o(´∀`)o))ワクワク
あの表紙、ナイジェルだけじゃなく、二人とも忍者みたい(笑)
そして「女王平価」は吹きました。
miru-haさんの記事タイトルも爆笑でした。

そうそう、先日はわざわざメールありがとう!
かえってお気を使わせてしまいごめんなさい。
ただの確認で、こちらの不手際があったら申し訳ないという気持ちだっただけですから!
そして私ももちろん、イラスト集ゲットしましたよ♪
もったいなくてあんまり開けない…おバカでしょ?

早速にコメントいただいて嬉しかったです。
miru-haさんのスペシャルプレゼンツ・50質も、
ただ今回答作成中です。近日中にUPしますので、
その時はまた遊びにきて下さいね!

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。