*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花は蒼天に舞う 桃花男子 <岡野麻里安>
花は蒼天に舞う 桃花男子 (講談社X文庫 おB- 59 ホワイトハート 桃花男子)花は蒼天に舞う 桃花男子 (講談社X文庫 おB- 59 ホワイトハート 桃花男子)
(2008/11/04)
岡野 麻里安

商品詳細を見る
★★★☆☆

桃花男子 第4巻、最終巻です。
岡野さんの作品はある意味、内容も登場人物も
ワンパターンっぽくて(ゴメンナサイ!)わかりやすい。
でも、ほんわかあったかくて、
ほんのり切なくて、
適度にドキドキして、
構えずに読めて私は好きです。
エロ度も低目だし、BL初心者さんにはピッタリかも。
妖、陰陽師、鬼・・・といったファンタジーが嫌いでなければ、ですが。

↓ネタバレあり注意!



元の世界に戻ることができた千尋だが、
蓬莱に残る櫂を想い、やるせない日々を送っていた。
そんななか、思わぬことで事故にあい、
その衝撃で再び蓬莱へ。
しかし、蓬莱では、闇の力に操られた龍月季と
香貴妃との婚礼が三日後に迫っていた!
「絶対、お前を連れて帰る!」・・・・千尋の強い想いは
奇跡を起こさせるのか!?
最強の敵との決戦を前にして
千尋と櫂の絆が、いま、試される!感動の完結編。

っていうのは、ちょっと大げさかなあと思いますが。
一応、本の裏表紙に書いてあったのでそのまま転載。
桃花男子はいつもエロ少なめですが、
今回は特に少ないかな?
ちょっとかすったって感じのHです。

ここまでの三巻、そこそこおもしろく読んできたのですが、
この最終巻、「アレ?無理やりまとめてね?」と思ったりして。
再び蓬莱に戻った千尋が、
失った櫂の記憶を取り戻したのも、
お決まりのキスであっという間に。
あんなに櫂を元の世界に連れ戻したがってた千尋が、
あっさり、櫂とともに蓬莱に残ることを決意。

最終決戦後、五体の神獣は甦るは、
悪の根源だった香貴妃は記憶を失くすは、
瀕死の仲間二人は千尋と神獣の治療で一命をとりとめちゃうし。
その他の人々も まるくおさまり
めでたしめでたし。
それらが数ページで簡単にまとめられちゃって、
あっけなさすぎた。

それから、最後は千尋と櫂二人で現世界へ戻るんだけど、
まだ若い二人なのに
『二人の蓬莱での「寿命」は間もなく尽きる』って、
いきなり何?
蓬莱からいなくなるから「寿命がつきる」という意味なの?
それとも、「寿命がつきる」から、
現世界へ戻れるの?
なら寿命がつきる理由は何??と
私にしては珍しく、たくさんつっこんでしまいました。

まあ、そう言いつつも、
パンダが出てるのでそれだけで50点稼いでます。
(パンダは私の守り神)
千尋の想いが、せつなくてかわいくて、
それだけでもういいや!
二人はラブラブだし、情景は綺麗だし、
優しくて暖かい気持ちになれるので、
難癖つけるのはこの辺でやめとこう。

私が最初に読んだ岡野作品は「少年花嫁(ブライド)」。
妖(あやかし)が見える美貌の高校生・忍と、
陰陽師の後継者・香司のとんでもない出会いから始まる話ですが、
これが印象深く、一番好きです。
私の中では、岡野さんのイチオシ作品です。
忍のいじらしさ、一途さにキューンとなり、
香司のクールな男らしさとか優しさに、
グッときます。
サブキャラも魅力的でそこもお気に入り。
ほんと初心者さんにピッタリかもー。
(↑自分も初心者だってばっ!)

次に予定されている作品も、
人と妖怪の物語のようです。
さんざん文句言ってるくせに
次回作も絶対購入するんだよなぁ・・・・・・



関連記事

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。