*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たとえこの恋が罪であっても <いとう由貴>
たとえこの恋が罪であっても (SHYノベルス)たとえこの恋が罪であっても (SHYノベルス)
(2004/02/23)
いとう 由貴

商品詳細を見る
★★★★★

あー、こういうベタなの、結構ツボなんですー。
苛められれば苛められるほど、
「萌え」あがっちゃうんです。
途中でやめられず、ティッシュで涙ふきながら いっき読み。

↓ネタバレあり注意!


<あらすじ>
『「そんなに男が欲しいなら、おれが代わりをしてやろう」!?
母の死により実父にひきとられた瑞樹は、
誰ひとり知る者のいない異国であるイギリスの
パブリックスクールに入り、
そこでひとりの男と出逢う。父の再婚相手の連れ子であり、
生徒たちから憧憬を集める義兄のアルフレッドだ。
だが、男好きで問題ばかり起こした亡き母の子どもとして、
瑞樹は冷たい視線に晒される。
頑張ろう、くじけちゃいけない。
健気に毎日を過ごす瑞樹に
アルフレッドは次第に惹かれるのだが、ある日の午後、
全裸で男に仕えている瑞樹の姿をみてしまい!?』

突然自分たちの前に現れた義弟ミズキ。
しかもその母はとんでもない女だった。
そんな義弟に、アルフレッドは正義感から、
そしてウォートン寮の総代として公正を期するために
慎重に対応していくうち、
瑞樹の無邪気な笑みに庇護欲をくすぐられ、
少しずつ惹かれていく。
そんなアルフレッドの様子に危惧を抱いたもう一人の兄エドワード。
彼は、アルフレッドが道をはずさないよう、
ある罠をしかけた。
瑞樹は見ず知らずの男に、
殴られ、鞭打たれ、全裸で奉仕させられた。
恐怖のためにそうするしかできなかったのだ。
そしてその現場をアルフレッドが・・・・・

それが仕組まれたものとも知らず、
瑞樹に嫌悪感を抱くアルフレッド。
淫売とののしり、汚いもののように扱う。
今までとは打って変わって、瑞樹に辛くあたっていく。
針のむしろのような毎日の中、
アルフレッドの優しさだけが救いだった瑞樹にとって、
それはこの世の終わりに近いほど悲しいこと。

瑞樹はそうなった原因は自分にあると、自分を責める。
そして、周りのすべての人間の冷たさに耐えながら、
約束である「学校を卒業して一人で生きていける日」を静かに待っていた。

ところが、ある誤解からアルフレッドは猛烈な怒りをおぼえ、
感情にまかせて瑞樹を乱暴に抱く。
それは知らず知らずのうちに瑞樹に惹かれたアルフレッドの
嫉妬心からくるものだとは、瑞樹も、
そしてアルフレッド自身も気付かなかった。

その日、
アルフレッドは林の中に消えていく瑞樹を見かける。
その時気付く。
自分は間違っていた。
本当の瑞樹は、あの無邪気な笑顔の天使なのだと。
そして、死を決意して泉の中へ消えていこうとする瑞樹と対峙し、
瑞樹の本心、エドワードの罠、自分の愚かさを目の当たりにし、
瑞樹に対する気持ちをも思い知ることになる。

「愛してる。そしておれが守ってやるんだ」


あー、なんでかこう
苛められても健気に頑張るっていうのに
萌えてしまうのですがー。
「おしん」に感動するっていうのとは
明らかに違いますけど!
だって、「もういじめないで~」ではなく、
「もっと苛めて~」なんだもん。(私はSではありません。決して!)
虚弱体質っていうのも、思いっきりツボだし。
何があっても、人にせいにしないで、
自分が悪いんだ、とか自分が頑張ればいいんだ、とか
むちゃくちゃ健気で、
多分、苦手な人には、すっごい『ウザイ』主人公だと思いますが、
私は好きです。
すべてがとってもベタな設定なんですが、
たまにはこういうのも、何も考えずに読めていいですねー。
エッチもそこそこあって楽しめたし、
(乱暴にされたり、優しくされたり・・・・フフフ)
これでもかと苛められるところや、
アルフレッドへの思いが通じなくて辛い思いをしているところでは、
胸がうっとしてしまったり、
最後、瑞樹の気持ちを吐露していくところは
ハンカチなしでは読めませんでした・・・・

シリーズものになってて、他に二冊、
買ってはあるのですが、まだ読んでません。
(そんな本が一体何冊 積んであるかなあ・・・)
純粋に泣きたいときに、読もうかと思います。




テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。