*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彩雲国物語 「黒蝶は檻にとらわれる」 感想(その2)

昨日(感想その1)は、正直いって冷静じゃなかったです。
『黒蝶』読了した人は、多かれ少なかれ
そうだったのではないでしょうか。
私はおバカなほどに、劉輝が大好きなので、
劉輝の選択と、悠舜の秘密にぶちのめされてしまったわけですが。

少し落ち着いて、恐る恐る読み返し始めまして、
まずは、紅家当主になった邵可様の登場シーン。
ここなら安心して読めます・・・
いいですよね、みんなの驚きが。
玉っくん(我家では、欧陽玉を“ぎょっくん”と呼んでます)の焦りかたが
ことの大きさを物語っていて。
戩華王でも成し遂げられなかった、
筆頭名門紅家の掌握。
今まで、決して屈することのなかった紅家。
読んでいる私も驚きでした。「ここで、こうきたかー!」と。

そのあと、いつもの劉輝と邵可様。
ほほえましくて、あったかくて。
その場面では、
「邵可様、府庫づとめをしていてくれてありがとう!!」の一言につきます。
邵可様が、小さな劉輝に気が付いてくれて、
お世話してくれて、教育してくれて。
(おまけに「大好きな兄上」を探して、見つけて、育ててくれて!)
邵可様が府庫にいなかったら、今の劉輝は存在しない。
そう実感した、ひとこまでした。

そして 第七章 『桜が咲くまで』
あー、もう、この題名はやめてほしい。
今までは、希望に満ちた言葉だったのに・・・

秀麗とのやりとり、
読み直したら、最初に読んだときよりも泣いてしまいました。
読むんじゃなかった・・・・・

そして。

掌から大事な何かが、こぼれおちてしまったような気がした。
取り返しのつかないことと知った上で、それでも選んだはずだ。
なのに・・・・なぜだろう。間違ったことをしでかした気がしてならない。
(・・・・・違う)
本当は知っている。
劉輝はだた楽な道を選んだだけだった。
(略)
もはや何もかも手遅れだった。
劉輝は秀麗にとっての『人間の男』であれる権利を、
自ら捨ててしまったのだった。
王であることとひきかえに。


「これだけはやっちゃダメだよ、雪乃さん!!」
って怒りの声が、Web上でちらほら聞かれます。
わからないでもない。

冷静になって読み返せば、
「本当にこれしか方法なかったの?」とも思う。
昨日の段階では
「仕方なかった」なんて甘い気持ちで自分をごまかしていたのも事実。
この解決手段だけは使ってほしくなかった。

いつもの劉輝みたいに、頑張ってほしかった?

でも、劉輝すごく頑張ってるよね。

泣きたいのは秀麗のほうかもしれないのに、
劉輝が自分で下した判断なのに泣きついてどうするの!

でも、秀麗にだけは本当の劉輝を見せられるんだから。

だめだな。
やっぱり私は、どうやっても劉輝寄りだ。
何度感想を書き直そうとも、私の中の結論は同じ。

とにかく、次の巻です。
信じてるから。
アニメ第1シーズンのEDだった、
タイナカサチの「最高の片想い」聞いてきます・・・・



拍手ありがとうございました♪
お返事は↓【Read More・・・】から。

>あ○○○りんさん、
初めまして。拍手&コメントありがとうございます。
私のこの、くそ長い感想を読んでいただけただけでも
ありがたいのに、コメントまで・・・・。

本当に衝撃でしたね。
私も一日以上たって、やっと立ち直ってきました。
悠舜さんが好きな人や、私のように“劉輝命!”(笑)みたいな人には
かなりしんどかったと思います。
あ、清雅ファンも大変でしたね。ケガしたりして。
あきりんりんさんにも、お好きなキャラがいらしゃるのでしょうか。
早く2回目が読めるようになるといいですね!

by あると


関連記事

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。