*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伯爵と妖精 第12回(最終回) 「伯爵と妖精」
エドガー・・・・・
何よ、カッコイイじゃん。
さんざんバカにしてやったのに、
最後の最後で、何でそんなにカッコよくなっちゃうわけ?

危険を避けるため、リディアとポールを部屋に閉じ込めて、
自分一人だけでユリシスのところへ向かうエドガー。
「当主の僕が伯爵家の一員である彼女を犠牲にして逃げるつもりはない」と
バンシーを助けたエドガー。
そして、先週からの予想通り、
無事帰ったらKissをする約束と迫りながらも、
「君が心から望んでくれるまで待つことにするよ」と
自ら「オアズケ宣言」したエドガー。

ちょっとー、最終回が惜しくなっちゃったじゃないの。
まあ、いつものように
耳が腐りそうな自分勝手な解釈のくどき文句はあったけどさ。

最終回もイイ男だったケルピー。
強くて、男らしくて、
彼もリディアが笑顔でいてくれることだけを望んでる。

エドガーがケガしてることを知った瞬間にキレたレイヴン。
むちゃくちゃ強くてかっこよかった。
そして、最後には、
いつまでもしつこく寝言で呟いた女性の名前にこだわってるエドガーに、
またしても「アルファベット順でよろしければ・・・」と
ナイスつっこみ!

バンシーの傷がもう治らないと知った時のポールの
「そんな・・・」の声がめっちゃ『萌え』た。
エンディング前の馬車の中、
エドガーとリディアの愛(?)の会話が
くり広げられているというのに、
全くの空気だったポール。
いたよね?一緒に馬車乗ってたよね?
ひろCの声があんまり聞けなくて残念だった・・・・・

あー、それにしても、ほんと
ひどい作画でした・・・・・
今日なんて、エドガーがしゃべると
口が横に移動する、なんてオカルトみたいなのもあったからね!
作画のせいで「伯爵と妖精」の魅力が、半減、もっとかな?
削がれてしまって、なんとも残念なアニメでした。

-終-

関連記事

テーマ : 伯爵と妖精
ジャンル : アニメ・コミック

Secret
(非公開コメント受付中)

「FLESH&BLOOD」ファンへ50の質問
フレブラファンのあなたへ。 1問から回答OK。挑戦してみませんか!
BLイメージソング! 聴いてより萌えBL読書日記へ
プロフィール

あると

Author:あると
Pursuit of Loveへようこそ
毎日色々な “愛” を探しながら
現実逃避(!)しています。
つたない場所ですがどうぞごゆっくり。

BL、オタク風味、ネタバレ、妄想等あるのでご注意を!基本雑食なので、ファンタジー・人外・エロ・グロ・触手・痛い系・鬼畜、なんでもOK。でも一番の大好物は『切ないBL』です。『医療系』『音楽もの』にはついつい手がのびます。コミカルなものと『ヒゲ男』はちょっと苦手かも。『病弱受け』『クールツンデレ受け』に異常に反応。あ、『けなげ受け』も好物でした。
※リンク・TB・コメント大歓迎。拍手・メールもお気軽に!とっても喜びます♪

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
ページランキング
ブログパーツ
月別アーカイブ
blogram
blogram投票ボタン
今日の音楽記号

*製作者ブログ*
BlogPeople
大好きサイト様です♪ お世話になってます。
読書メーター
あるとの最近読んだ本
Twitter
あまりにブログ更新ができないので、 たまに顔を出すTwitterをブログに 表示してみることにしました。
お気に入りサイト
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
BLノベルズランキング
メールフォーム
どんなことでも お気軽にど~ぞ ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
BlogMURA
私のお気に入りたち♪
オススメ本。機会があればぜひ読んでみてね!
ブログに降る雪
コアラがつぶやくフォローミー・ブログパーツ(Twitter連携可)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。